悩み・質問

2019/02/13

もう悩まない!派遣登録時にふさわしい服装を季節ごとにご紹介!

派遣会社に登録する際、派遣会社に訪問することがあります。企業との面接なら、スーツが一般的ですが、服装の指定がない場合や普段着でOKと言われることもあり、何を着ていけばよいのか迷ってしまうかもしれません。今回は、そんなときに参考にしてほしい、派遣登録時におすすめの服装を季節別にご紹介します。

目次
派遣登録時のビジネススーツ着用は必須ではありません!
少しかっちり目がオススメ、証明写真の撮影をしても大丈夫な服装で
自分らしさを演出したい場合は、TPOにあわせて判断を
春・夏におすすめの服装、NGな服装
秋・冬におすすめの服装、NGな服装
季節感や就きたいお仕事のイメージを考慮して

派遣登録時のビジネススーツ着用は必須ではありません!

派遣登録時の服装は、ビジネススーツでなくてもOK。基本は、仕事にふさわしいカジュアルスタイル=オフィスカジュアルを意識するとよいでしょう。オフィスカジュアルに明確な定義はありませんが、「オフィスに馴染むような格好」という観点が、判断基準のひとつになります。

服装は、相手の第一印象を決める要素のひとつで、人柄や個性が表れるもの。そのため、「この方になら、安心してお仕事を任せられそうだな」と相手に思ってもらえるような服装というのがポイントです。また、就業環境によってドレスコード(服装の規定)が異なるため、着ている服装の雰囲気が、「就業先に合いそうかどうか」という印象に繋がることもあります。

まず、トップスはブラウスやシャツ、ボトムはひざ丈のスカートや、シルエットのきれいなパンツがおすすめです。

奇抜なプリントや、派手な柄物、デニムやレザーなどの素材、露出の多いデザインや、体のラインが過度に強調されるものは避けましょう。色は、黒、白、グレーなどのベーシックカラーでなくても大丈夫ですが、あまりにビビッドな色は避けたほうがベター。色を取り入れたい場合は、優しい印象の色合いを意識しましょう。アクセサリーも、派手なものより、控えめな小ぶりのものを選びます。同様に、メイクやネイルもナチュラルなものにしましょう。

少しかっちり目がオススメ、証明写真の撮影をしても大丈夫な服装で

派遣会社の登録では写真撮影を行う場合もあるため、オフィスカジュアルを基本にしながら、さらにきちんと感を意識するのがおすすめです。そのために最適なのが、ジャケット。1枚羽織るだけで、自然と全体をかっちりした印象にしてくれるので、ぜひ取り入れましょう。ビジネスパーソンとして、最低限の身だしなみを整えるためにも、出かける前に、鏡の前で全身を総点検してみてくださいね。

出かける前のチェックポイント

・ブラウスなどの襟元は汚れていないか
・スーツにシワは寄っていないか
・ボトムスの裾がほつれていないか
・靴やバッグの角がすり減っていないか
・髪型は乱れていないか
・メイクは派手になっていないか

※関連記事:シゴ・ラボ『あなたは大丈夫?働く女性が知っておくべき「身だしなみ」について

自分らしさを演出したい場合は、TPOにあわせて判断を

登録時の面談は、これまでの自分の経験や、「こんな仕事をしたい」「将来こうなりたい」などの希望を伝えるための場です。そのため、服装で自分らしさを演出するのも、ひとつの自己アピールになるでしょう。たとえばアパレル系やWEB系ならトレンド感のあるスタイル、金融系なら、かっちりしたジャケットスタイルなど、あくまでマナー違反にならない範囲で、志望する業界を想定した服装や雰囲気を演出してみてはいかがでしょうか。

春・夏におすすめの服装、NGな服装

おすすめの服装

・相手にしっかりした印象を与えるジャケットは、春夏でも着用したほうがベター。普段使いもできるようなノーカラージャケットや、七分袖ジャケットを持っておくと重宝します。
・シャツやブラウス、カジュアルすぎないデザインのカットソー、シンプルなカーディガン、ベーシックパンツなどがおすすめです。
・顔まわりを明るく演出してくれるパステルカラーや、清潔感のある白や淡いブルーなどの色を取り入れるのもいいでしょう。

NGな服装

・オフィスで浮いてしまうような、露出が多すぎる服装や、派手な柄のTシャツ、ショートパンツなどは、避けた方がよいでしょう。
・つま先が出たサンダルやミュールはカジュアルな印象になるので、きちんとした印象を持ってもらいたい場合には、気をつけましょう。・ジャケットを脱ぐことを想定してノースリーブのインナーは避け、薄手のトップスは、透けないようにインナー(キャミソールなど)を着ることを忘れずに。

秋・冬におすすめの服装、NGな服装

おすすめの服装

・アウター代わりにもなるジャケットは、秋冬にも重宝します。
・インナーは春夏と同様にシャツやブラウスにしてもよいですし、秋冬ならタートルネックや薄手ニットも使えます。
・首元にボリュームがある着こなしの場合は、ヘアスタイルをコンパクトにまとめ、顔周りをスッキリと見せると、表情も明るく見えてよいでしょう。

NGな服装

・派手な柄のタイツやレギンスなどは避けた方が良いでしょう。
・肩を露出するようなざっくりしたニットやロングスカート、ロングブーツなども、カジュアルな印象が強いので、なるべく避けた方が無難です。中には、実際の勤務時には着用可能なものもあるかもしれませんが、登録の際は控えた方がよいでしょう。

季節感や就きたいお仕事のイメージを考慮して

まずは、NGアイテムに注意して、ビジネスパーソンにふさわしい身だしなみを整えることが大切です。そのうえで、季節感やTPOに合わせてオフィスシーンを意識しながら、自分らしさを出せるよう工夫してみましょう。コーディネートに自信がなくてあれこれ悩んでしまうときは、シンプルにスーツを着るのもひとつ。また、メイクや服装で、季節感や個性をさりげなく演出すれば、自分をより深く知ってもらうきっかけにもつながります。「この方は安心感や信頼感があるな」と、相手に思ってもらえるような服装を意識して、自信を持って登録に臨んでくださいね。

参考サイト:

パソナの派遣 クチコミNo.1のヒミツ

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

“はじめて”の疑問はここで解決! 派遣やパソナのご利用が
はじめての方向けの情報を
まとめました。

やっぱり「パソナ」! 登録スタッフの方のクチコミや
サポート体制など
パソナを選んだ3つの理由

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。