働き方

2019/02/01

派遣社員と契約社員の違いを正しく知ろう!メリット・デメリット徹底比較

派遣社員と契約社員には、一般的に“雇用契約の期間を定めて働く”という共通点がありますが、それぞれの特徴や違いについてもご存知でしょうか?今回は、お仕事をする上で知っておきたい「派遣社員と契約社員の違い」、それぞれの働き方のメリットとデメリットをご紹介します。

目次
派遣社員と契約社員の違い
派遣社員のメリット・デメリット
契約社員のメリット・デメリット
ライフスタイルにあわせた働き方をしたいなら派遣社員がオススメ

派遣社員と契約社員の違い

まず、派遣社員と契約社員の一番の違いは、「誰に雇われているのか」という点です。派遣社員の雇い主は派遣会社であり、契約社員の雇い主は就業先企業です。一般派遣の場合、派遣社員と派遣会社との雇用関係は、就業先(派遣先企業)が決まった時点で発生します。それに対して、就業先の企業と直接雇用契約を結ぶのは、正社員、パート、アルバイトなどにも共通する「直接雇用」という形態になります。

続いて、派遣社員と契約社員に関する基本的な知識や、それぞれの違いを比較してみましょう。

派遣社員

特定の領域のエキスパートとして、専門知識やスキルを発揮できる

特徴

・派遣会社に登録し、派遣会社からのお仕事案内をうけて就業先が決定
・派遣会社と雇用契約を結ぶ
・派遣会社経由で社会保険に加入し、派遣会社の福利厚生を受けることができる
・給与は派遣会社から支払われる
・時給制のお仕事が多い
・就業先(派遣先企業)から仕事の指示を受ける

契約社員

幅広い業務を任されることが多く、比較的広範囲にわたる経験やスキルが身につく

特徴

・就業先企業の選考を受け、採用が決定
・正社員などと同じく、就業先(派遣先企業)と直接雇用契約を結ぶ
・就業先経由で社会保険に加入し、就業先の福利厚生を受けることができる
・時給制、月給制、年俸制がある
・直接雇用されている就業先から仕事の指示を受ける

※関連記事:
『派遣のメリット、正社員のメリット。自分に合った働き方はどっち?』
『今さら聞けない?! 働きかた別メリット・デメリットを知っておこう』
『転職回数が多い派遣スタッフは不利じゃない!職歴と転職理由の正しい書き方を徹底解説!』

派遣社員のメリット・デメリット

自分に合った働き方を選ぶために、派遣社員・契約社員それぞれの特性を知っておきましょう。まずは、派遣社員のメリット・デメリットをご紹介します。どちらの働き方が自分のライフスタイルに合っているかをイメージしながら、読み進めてくださいね。

メリット

派遣会社がお仕事を案内してくれる

派遣登録時に、経験職種やスキル、お仕事への希望をヒアリングしたうえで、その方の能力を活かせるようなお仕事を案内してもらえます。さらに、契約終了後も派遣会社が次のお仕事の案内やキャリアの相談に乗ってくれます。

ライフステージに合わせて自由な働き方を選択できる

結婚、出産などのライフイベントを経験する女性にとって、環境やライフステージに合わせて柔軟に働き方を変えられるのは大きなメリット。これまでのキャリアを活かしながら、子どもが小さいうちは時短勤務にして、子育てが落ち着いてからフルタイムに戻すなど、フレキシブルな選択ができます。求人状況にもよりますが、家から近い就業先や時間・曜日などの希望からお仕事を選ぶこともできます。

派遣会社の営業担当が就業先(派遣先企業)と交渉してくれる

仕事の悩みや待遇面の希望など、派遣先企業に直接言いにくいことがあれば、派遣会社の営業担当が間に入って、やり取りをしてくれます。時給アップを実現したいときも、更新時などの適切なタイミングで営業担当に相談すれば、交渉がスムーズに進むことも。

関連記事:『知りたい!派遣で時給アップを叶えるための4つのポイント』

デメリット

業務内容が決まっている

派遣社員は、派遣会社と派遣先企業で結ぶ契約のもとで働くため、契約で決まった範囲内での仕事に従事します。もちろん、就業環境次第で、業務範囲の幅を広げることも可能。その場合は、契約を取り直します。職種や業務に特化して働くことで、それだけ、専門性を活かしたプロフェッショナルとして成長することが可能です。

ひとつの会社で経歴を深めていけない

有期雇用である以上仕方がありませんが、契約期間が決まっている働き方なので、ひとつの会社だけでキャリアを深めたい場合は、別の働き方が向いているでしょう。ただ、言い換えればたくさんの会社を経験し、柔軟な対応力を身に着けられるということ。実務スキルの専門性を上げながら、どんな企業でも対応できる人材に成長できる可能性が高まります。

高時給のお仕事は、専門性やスキルが必要になる

スペシャリストである派遣社員には、即戦力としての活躍が期待されています。より市場ニーズが高い、高度な経験やスキル、資格等が求められる仕事ほど、時給が高くなる傾向があります。もちろん、未経験からチャレンジできるお仕事もありますが、「その分野で長く働きたい」「キャリアアップを目指したい」という場合は、自己学習などでもスキルを磨いていく必要があります。

契約社員のメリット・デメリット

次に、契約社員のメリット・デメリットについてもご紹介します。派遣社員の特徴と比較しながら、自分にはどちらが合っているのか考えてみましょう。

メリット

ひとつの会社でさまざまな仕事を経験できる

直接雇用であるために、汎用性の高いスキルを持つ人材として育成されることが多く、幅広い仕事を任される可能性が高いのが特徴です。

正規雇用のチャンスがあることも

契約社員として一定期間就業した後に正社員となるケースもあり、優秀な人材を積極的に正社員登用している企業もあります。将来的に正社員を希望している場合は、これまでの正社員登用実績など、会社の状況も調べておくとよいでしょう。

デメリット

転職活動の労力が大きい

人材紹介会社などでサポートしてもらえるケースもありますが、求人情報の比較・検討、応募書類の作成、面接対策など、契約満了時の転職活動はすべて自分で行う必要があります。

契約更新時の条件交渉などは自分で行う必要がある

契約社員は、直接雇用かつ契約期間の定めがある雇用形態です。よって、一定期間ごとに就業先企業と雇用される人が、双方の意向のもとに契約更新を行います。契約更新のタイミングで、就業先企業との条件交渉などは、すべて自分で行う必要があります。

ライフスタイルにあわせた働き方をしたいなら派遣社員がオススメ

派遣社員と契約社員の違いをふまえて、どちらが自分に向いているのか、イメージは掴めましたか?ライフスタイルが多様化するなかで、これからの時代はそれぞれの雇用形態のメリット・デメリットを理解し、自分に合った働き方を選ぶことが大切です。「結婚・出産など、それぞれのライフステージにあわせて柔軟に働きたい」「専門性を高めてキャリアアップしたい」という希望がある方は、派遣という選択肢を検討してみるのもオススメです。

また、派遣会社が派遣先企業と派遣スタッフの間に入って、さまざまなフォローしてくれることも、働きやすさの面での大きなメリット。今後のお仕事探しの際は、ぜひ「派遣」という選択肢も加えてみてはいかかがでしょう。

参考サイト:

パソナのお仕事開始するまでの流れ

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

“はじめて”の疑問はここで解決! 派遣やパソナのご利用が
はじめての方向けの情報を
まとめました。

やっぱり「パソナ」! 登録スタッフの方のクチコミや
サポート体制など
パソナを選んだ3つの理由

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。