用語

2018/12/21

派遣登録時の「スキルチェック」って何?目的、内容etc.について詳しくご紹介!

派遣会社に登録するとき、「スキルチェック」を受けることがあります。初めて派遣会社に登録しようと考えている方の中には、「スキルチェックって何?」「難しいの?」といった不安を感じている方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、どんなことをするのか、目的は何なのかなど、スキルチェックの基本についてご説明します。スキルチェックにはたくさんのメリットがあることを知り、前向きに受けられるようにしておきましょう!

目次
スキルチェックってなに?内容は?
スキルチェックの理由は?
スキルチェックはいつ行うの?
スキルチェック対策に練習は必要?
緊張することなく自然体で

スキルチェックってなに?内容は?

スキルチェックという名前だけを聞くと、「自分にはそんなに高いスキルはないから……」とネガティブな気持ちになり、不安になってしまうことがあるかもしれません。けれど、スキルチェックは派遣先とのミスマッチを防ぐために役立つ大切なもの。「チェック」といっても、試験やテストではないので、できる範囲で自分のスキルを発揮しましょう。

それでは、実際にどのようなスキルを確認するのでしょうか。ここでは、一般的にスキルチェックで確認されることが多い項目についてご紹介します。ただし、実際の内容はそれぞれの派遣会社や、希望する職種によって異なります。また、中にはスキルチェック自体を行わない派遣会社もあるので、心配であれば事前に派遣会社に聞いてみましょう。

PCスキル

WordやExcel、文字入力のスピードや正確性など、PCを使った仕事をする上で必要になるスキルの確認です。PC操作に苦手意識がある方もいらっしゃるかもしれませんが、現状の自分の立ち位置を知るためにも大切なことです。

基礎学力

漢字の読み書きや計算といった基本的な学力・知識についてのチェックです。

コミュニケーションスキル

電話応対やビジネスメールの書き方など、ビジネスで必要になる基本的なコミュニケーションスキルについての確認です。

専門的なスキル

英語を使った仕事や経理などを希望する場合は、それぞれの専門分野に対しての適性やスキルをチェックする場合があります。専門性の高さをウリにしたい場合は、自分のスキルを改めて客観的に確認するよい機会だといえるでしょう。

スキルチェックの理由は?

派遣会社で行われるスキルチェックは、派遣社員としてこれから働く人にとっても、役立つものです。なぜなのか、理由を見てみましょう。

派遣先とのミスマッチを防ぐ

派遣登録される方が、それぞれ「どんな業務内容や環境のお仕事が向いているか?」を知るための参考材料になるのが、スキルチェックです。
派遣社員は企業から、即戦力としての活躍を求められることが多いため、その方のスキルが正確に分かっていないと、就業後のミスマッチが発生する可能性もあります。派遣会社がその方のスキルを正確に把握することで、自分に合った派遣先や働きやすい環境を見つけやすくなります。スキルチェックはその第一歩であると考え、前向きに取り組みましょう。

スキルのアピールができる

専門性の高い仕事を希望している方や、長く特定の分野で活躍してきた方にとっては、スキルチェックを受けることで、持っているスキルをアピールすることができます。書類上だけでなく、実証してアピールできるため、自分の得意分野やスキルを活かした仕事につながりやすいでしょう。

現在の自分のスキルを客観的に見られる

登録用の書類を作成している時点では「できない」「自信がない」と思っていたことも、実際にスキルチェックを受けてみると、思ったよりもできたということもあります。また、反対に、「できると思っていたのに、やり方を忘れてしまった」ということもあるでしょう。実際に働き始める前に客観的に自分のスキルを見つめなおす機会を得られるので、「こんなはずじゃなかった!」というトラブルを防げます。

上記は派遣社員側のメリットですが、もちろん、派遣会社にとってもメリットがあります。スキルチェックをして派遣登録を希望している方の能力を理解することができれば、より適切な派遣先を紹介することができます。また、現状を知ることで、仕事を探す上での適切なアドバイスができるようになるでしょう。スキルチェックは、働く人にとっても、派遣先を紹介する派遣会社にとっても、メリットのあることなのです。

スキルチェックはいつ行うの?

スキルチェックはいつ行うの?
スキルチェックのメリットがわかったら、次に気になるのは「一体いつ、どのように行われるの?」ということではないでしょうか。そこで、パソナを例に派遣登録時のスキルチェックまでの具体的な流れをご説明します。
派遣登録の流れやステップは派遣会社によって異なりますが、パソナの場合は、次のような流れで登録が行われます。

WEBプロフィール登録(MY PAGE作成)

まずは、パソナのWEBサイトから、MY PAGEを作成してプロフィール登録を行います。

「電話面談」または「来社面談」の予約

WEB上でのプロフィール登録が完了したら、「電話面談」と「来社面談」の2つからご自身に合った面談方法を選ぶことができます。派遣経験のある方や希望条件が明確な方にオススメなのが、来社不要の「電話面談」。派遣が初めての方や、担当者とじっくり相談をしてお仕事を探したい方には、「来社面談」がオススメです。

「電話面談」の場合

事前予約した時間に、パソナの担当者からお電話します。これまでの職歴や希望の条件などについて、お電話で30分程度お話を伺います。

「来社面談」の場合

全国にあるパソナの拠点のうち、希望するエリアにある拠点での個別の面談予約または、随時開催している「お仕事相談会」の予約をします。

来社面談当日は、事前予約したパソナの拠点にご来社いただきます。スキルチェックはこの時に行われます。なお、具体的な登録面談時の流れは次の通りです。

1.受付、説明

パソナの派遣登録の仕組みや福利厚生、サポート制度などの説明を行います。

2.スキルチェック

ワードやエクセル、パワーポイントの使い方、タイピング、一般的な計算問題や常識問題などのスキルチェックを行います。

3.個別面談

面談では、「こんなことを話しても仕方ないかな」などと思わずに、自分ができることや今後の希望をしっかりと伝えましょう。
現状のスキルや希望の働き方、将来の目標などを担当者へありのままに伝えることでミスマッチを防ぎ、これまでの経験を活かしつつ、可能性が広げられるお仕事についてもアドバイスをしてくれるはずです。

お仕事決定・就業スタート

お仕事のご紹介の流れは、「電話面談」も「来社面談」も同じです。プロフィールや面談の内容などを参考に、それぞれの方に合ったお仕事をご紹介します。スキルチェックをしておくと、スキルチェックの結果も考慮できるため、スキルに合ったお仕事をご紹介しやすくなり、ミスマッチも起こりにくくなります。

※参照元:株式会社パソナ『パソナへのご登録からお仕事開始までの流れ

スキルチェック対策に練習は必要?

「PCスキルに自信がないけれど、事務職につきたい」という方にとって、スキルチェックの結果の良し悪しは気になるところ。けれど、スキルチェックは今の自分のスキルを理解してもらうために行うことなので、基本的には練習をしたり、対策を練ったりする必要はありません。自然体でどのくらいのスキルがあるのかを知ることが大切です。

それでも、どうしても不安があるという場合は、ExcelやWordの参考書などで一通り基本操作の学習をしてから受けるというのもおすすめです。書店に行くと、さまざまなレベルの参考書が売られています。内容を確認して、自分のスキルに合ったものを1冊チェックしておくと、総合的な復習にもなるでしょう。また、入力に不安があるという場合は、タイピングの練習ができるフリーソフトやサイトで、練習をしてみてください。すぐに速度が速くなることはなくても、「制限時間内に文字を打つ」ということにある程度慣れれば、スキルチェック時も慌てずにタイピングができるようになるでしょう。

専門性の高い仕事に就きたいと考えている方は、関連する資格を取得しておくのもおすすめです。派遣社員として就業する際に、スキルを活かしやすい資格やテストには、次のようなものがあります。

MOS

マイクロソフトオフィス(Excel・Word・PowerPoint・Access・Outlook)のスキルを証明するための資格です。Excel、Word、PowerPoint、Access、Outlook、それぞれについて個々に資格があり、さらにWordとExcelにはスペシャリスト(一般)とエキスパート(上級)の2種類が用意されています。事務職を目指す場合は、スキルを求められることの多いExcel、Wordを取得しておいてもよいでしょう。

※関連記事:『会計畑で役に立つ資格「MOS」の正体とは?

秘書検定

秘書や事務として働く上で、秘書検定を持っていることは大きなアピールポイントになるでしょう。秘書検定は、一般的なビジネスマナーが身につく3級から、企業でも役立つ秘書としての基礎知識・スキルを網羅した2級、より専門性を高めた準1級、役員クラスの秘書の方が受験することが多い1級まであります。もし、履歴書に記載する場合は2級以上がよいでしょう。ビジネスパーソンの基本となるマナーや知識を身につけることができるので、秘書を目指す方以外にもオススメの資格です。

簿記検定

経理関係の仕事に就きたい場合は、経理経験だけでなく簿記検定を持っていると強みになります。簿記検定は、主に「日商簿記」「全商簿記」「全経簿記」の3つですが、その中でも最も知名度が高い「日商簿記」の取得を目指すとよいでしょう。日商簿記は1級から4級までがありますが、資格としてアピールできるのは2級以上と言われています。

※関連記事:『【簿記】日商?全商?全経?それぞれの簿記技能検定について理解する

緊張することなく自然体で

緊張することなく自然体で
スキルチェックは、派遣登録をした方に適切なお仕事をご紹介するために役立つものです。自分自身の現状を把握して今後のキャリアに役立てていくためにも、構え過ぎず、自然体で受けるようにしましょう。

また「スキルチェックで思ったようにスキルを発揮できなかった」「もっとスキルアップしたい」という方に向けて、パソナでは、派遣先でのお仕事のスキルや知識を身につけていただくための講座・研修を、定期的に開催しています。PCスキルなどのOA全般や語学、職種ごとの講座など、現在のスキルレベルによって細かく内容が分かれているので、「せっかく受講したのに、難易度が合わない」ということもありません。派遣登録後のスキルアップ・キャリアアップの一環としても役立つ講座なので、ぜひご活用くださいね。

レベル別の各種講座はこちら

PCの基本スキルを学べる講座はこちら

 

参考サイト

New Call-to-action

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

“はじめて”の疑問はここで解決! 派遣やパソナのご利用が
はじめての方向けの情報を
まとめました。

やっぱり「パソナ」! 登録スタッフの方のクチコミや
サポート体制など
パソナを選んだ3つの理由

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。