スキル

2017/07/25

第20回: Power BIサービスで新規レポートを作成

このシリーズでは、Power BI Desktopを初めて使う方を対象にしたチュートリアルをご紹介しています。

今回は、前回に引き続き、オンライン版のPower BIに触れていきます。

なお、1回目からのチュートリアル内容は、以下の目次からご覧になれます。
はじめて使う人のためPower BI Desktopチュートリアルまとめ

Power BI オンライン版を使ったチュートリアルの過去記事は、以下からご覧になれます。
「チュートリアル第19回:Power BI DesktopデータをPower BIへ発行」

Power BIでのレポート作成

Power BIのオンライン版は、「データの公開・共有に適したサービス」と前回も紹介しましたが、共有だけではなく、レポートの作成もPower BIオンライン版で行うことが可能です。今回は、Power BIのレポート作成について紹介します。

※本記事では、2017年以降に有効になっているPower BIオンラインの新インターフェースの画面を使用しています。

ここでは、データはPower BI Desktopから「発行」されたレポートを使っていきます。

Power BIでは、以下のような手順でレポートを作成します。

1)まず、レポートがビューモードになっているので編集可能な状態に変更するため、「レポートの編集」をクリックします。

2) レポート編集が可能になると、Power BI Desktopで見慣れた「視覚化」ペインや「フィールド」ペインが表示されます。クエリも取り込まれているのがわかります。

3)「+」ボタンをクリックしてページを追加することも可能です。ここでは1枚ページを追加します。

4) 白紙のページを表示し、「視覚化」から「マトリクス」を選び、データをいくつかチェックして、図のように表を作成してみました。視覚化の操作手順は、Power BI Desktopと何ら変わりがありません。

画面を「読み取りビュー」に戻したり、別の画面に遷移させたりする際には、保存ダイアログが表示され、保存することができます。

なお、前回のチュートリアルのレポート画面が閉じてどこにあるかわからない場合は、画面左の「マイワークスペース」で一覧を開き、「レポート」タブから取り込んだファイルを探すことができます。ファイルが多数ある場合は検索機能が便利です。

いかがでしたか。次回もPower BI を使って、Power BIならではのダッシュボードについて学んでいく予定です。

※ 本チュートリアルコーナーは、「Power BI 自習書」を参考に作成しています。以下からダウンロードが可能です。
https://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/Solutions-BI-Data-Analytics.aspx

人材のプロ「パソナ」が運営する 研修・キャリアコンサルティング

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

あなたのスキルを新しい環境で 専門職種の研修が充実!
PASONA CAREER COLLEGE

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。