スキル

2017/08/18

第21回:Power BIでのダッシュボードの作成とピン留め

前回から、ブラウザで利用できるPower BIのオンライン版を使ったチュートリアルを紹介しています。今回は、Power BI特有の「ダッシュボード」を作成します。また、Power BI Desktopを使ったレポート作成の基本は、下記よりご覧いただけます。

「チュートリアル第1回:起動とインターフェース」
「チュートリアル第2回:Power BIにデータを取り込む」
「チュートリアル第3回:Power BI Desktopのクエリエディターで修正をする」
「チュートリアル第4回:Power BI Desktopでレポートを作成」
「チュートリアル第5回:Power BI Desktopのレポート画面」
「チュートリアル第6回:Power BI Desktopのレポート画面」
「チュートリアル第7回:既存のPower BIデータセットに新しいデータソースを追加する」
「チュートリアル第8回:リレーションのあるクエリを使う」
「チュートリアル第9回:マージを使う」
「チュートリアル第10回:除算をする」
「チュートリアル第11回:DAX関数を使って除算をする」
「チュートリアル第12回:列分割(区切り文字で分割)する」
「チュートリアル第13回:スライサーを加える」
「チュートリアル第14回:集計を行う(グループ化)
「チュートリアル第15回:インタラクティブなグラフの作成と動作」
「チュートリアル第16回:データの並び順の変更」
チュートリアル第17回:ドリルダウン機能とは
チュートリアル第18回:レポートの保存
「チュートリアル第19回:Power BI DesktopデータをPower BIへ発行」
「チュートリアル第20回:Power BIサービスで新規レポートを作成」

 

ダッシュボードとは

ダッシュボードとは、各種の指標を見渡すことができる一覧画面です。各種BIツールでもっとも重要な機能のひとつと言えます。Power BI DesktopやExcelなどでも指標をグラフやチャートにまとめて表現することは可能ですが、作成した各種のレポートを1枚の用紙にレイアウトし、まとめるには手間も時間も必要でした。それをオンライン画面で自動的にまとめたものがダッシュボードです。

ダッシュボードは通常、経営層や管理者が定期的にチェックし、経営判断を行いやすいように、重要な指標をピックアップしてレイアウトされています。このようなダッシュボードへのデータ接続は、以前はSIerに依頼することが一般的でしたが、Power BIのような「セルフサービスBI」が登場したことで、社内で設計・作成することができるようになってきています。そのため、BIのダッシュボード設計と構築を行うためのスキルが、ビジネスパーソンの間でも重要になってきています。

 

レポート画面からダッシュボードを作成する方法

ブラウザでPower BIに接続し、ダッシュボードを作成してみましょう。
Power BIでダッシュボードを作成する際は、①「ワークスペース」のコーナーで「作成」→「ダッシュボード」を選択してスタートする方法と、②既存のレポートから新規作成する方法、の2つがあります。通常は、レポートから使用するチャートを選択してダッシュボードを作成することが多いので、まずは②の方法をご紹介します。


新インターフェースでは、ダッシュボード作成のボタンの位置が変更されました。左サイドバーで「ワークスペース」を選び、表示された画面右の「作成」→「ダッシュボード」から作成します。

 

既存のレポートからダッシュボードを作成する

前回、Power BI Desktopから発行したレポートを開いておきます。レポート上のチャートから「ピン留め」の機能を使い、ダッシュボード上にチャートをピン留めしていきます。

1)Power BIでレポートを開きます。

2)チャートを選択するとそのチャートのボックスの右上にメニューボタンがいくつか表示されます。その中から、画鋲(ピン)の形のアイコン(「ピン留めする」ボタン)をクリックします。

3)対象となるダッシュボードを指定するダイアログが表示されますが、まだダッシュボードはありませんので、「新しいダッシュボード」を選択します。

4)ダッシュボード名をキーボードから適宜入力します。「ピン留め」をクリックします。

5)ダッシュボードが作成されました。画面左側のナビゲーションで「ワークスペース」に戻ると、「ダッシュボード」が一覧の中にあらわれます。ダッシュボード名をクリックして表示します。

6)ダッシュボードが表示されました。レポートのシート内にあったデータのうち、選択したチャートだけが切り抜かれ、カード型のようにしてダッシュボードに表示されています。
一見、レポート画面と似ているように感じますが、画面上のメニューバーなどを見ると、操作メニューなどが異なっていることが確認できます。

以上でダッシュボードの作成とピン留めの作業ができました。

レポートのピン留めを繰り返すことで、ダッシュボードを目的に合わせてカスタマイズしていくことができます。

次回は、ダッシュボードの内容をさらに詳しくみていきます。

※ 本チュートリアルコーナーは、「Power BI 自習書」を参考に作成しています。以下からダウンロードが可能です。
https://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/Solutions-BI-Data-Analytics.aspx

人材のプロ「パソナ」が運営する 研修・キャリアコンサルティング

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

あなたのスキルを新しい環境で 専門職種の研修が充実!
PASONA CAREER COLLEGE

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。