スキル

2016/08/26

第4回:Power BI Desktopでレポートを作成

こんにちは、POWER BI FORUM編集部です。
このコーナーは、Power BI Desktopを初めて使う方を対象にしたチュートリアルのコーナーです。今回は、取り込んだデータを使い、レポート作成画面の操作を体験してみましょう。これまでの手順は以下でご覧いただけます。
第1回:起動とインターフェース
第2回:Power BIにデータを取り込む
第3回:Power BI Desktopのクエリエディターで修正をする

 

レポートを作成(都道府県人口をグラフで比較)

レポート作成画面を表示した状態で、右側に「フィールド」ペインが表示されています。ここには、読み込まれたクエリのデータ名が表示されています。データ名を値として選択すると、レポートが新規作成できます。

・クエリが畳まれている場合はタイトルをクリックして表示します。
・「都道府県」をクリックします。

・画面に自動的にチャートが作成されます。
レポート画面には、「テーブル」が選択されるはずですが、バージョンによっては別の形のチャートが表示されることもあります。「視覚化」ペインで、「テーブル」を選択していることを確認します。

続いて、列を増やします。「フィールド」ペインで「2010年」をクリックします。すると、都道府県名の横に数値(人口)が表示されました。

 

ビジュアライゼーションの切り替え

「視覚化」ペインは、選択中のチャートの視覚表現を変更するためのツールです。ひとつひとつのアイコンが視覚化のオプションで、クリックだけで種類を切り替えられます。

・横棒グラフをクリックします。すると、テーブルが横棒グラフに変更されます。

ほかのチャートも試してみましょう。アイコンをクリックしていくと、次々チャートの形状が変化します。

 

レポートのサイズを変更

現在作業しているレポート作成画面は、印刷用紙のようなもので、この画面上に、自由に複数のチャートを作成・配置できます。ドラッグでチャートのサイズを変更したり、場所を移動したりすることが可能です。


いかがでしたか? 次回はレポート作成画面をさらに詳しく見ていきます。お楽しみに!

※ 本チュートリアルコーナーは、「Power BI 自習書」を参考に作成しています。以下からダウンロードが可能です。
https://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/Solutions-BI-Data-Analytics.aspx

人材のプロ「パソナ」が運営する 研修・キャリアコンサルティング

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

あなたのスキルを新しい環境で 専門職種の研修が充実!
PASONA CAREER COLLEGE

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。