スキル

2016/02/15

Power BI Desktopで文字や数値を修正する

こんにちは、POWER BI FORUM編集部です。

前回は、Power BI Desktopを使ったデータ加工の基本テクニックとして「クエリの編集」ボタンからクエリエディターを開き、「行削除」の操作を紹介しました。今回は、引き続きクエリエディターの基本機能のご紹介として、外部サーバーやファイルから取得したデータに含まれている文字列の修正方法について紹介します。

前回の記事はこちらよりご覧ください。
Power BI Desktopのクエリ編集

 

「値の置換」でクエリ内の値を変更する

通常Excelでは、読み込んだ表内にあるセルのデータを、直接入力しなおすことができますが、Power BI Desktopの場合は、読み込んだクエリのセルのデータを直接書き換えることはできません。クエリエディターを開き、ホームリボンの「値の置換」ボタンから、数値や文字列の書き換えを行います。

ボタンをクリックすると開くダイアログで、変更する文字列などを入力し、「OK」をクリックします。

あるいは、変更したいセルで右クリックして「値の置換」を選択しても同様の操作ができます。

なお、右側の「クエリの設定」にある「適用したステップ」で、項目名の前の「×」をクリックすると、変更内容を取り消すことができます。

 

クエリの名前を変更する

Power BIへ読み込んだばかりのクエリは、元のファイル名やデータベース名で読み込まれてしまいます。わかりやすい名前に変更しておくことで、データを管理するのが楽になります。

クエリ名の変更は、「プロパティ」で行います。「クエリの設定」のプロパティ欄で「名前」に文字列を入力し、Enterキーを押して確定します。

 

データ型(セルの書式)を変更する

クエリエディターで行や列を選択すると、ホームリボンの「変換」の欄で、選択中のセルの「データ型」が確認できます。Excelでの「セルの書式」に似た機能です。文字列は「テキスト」になっている必要がありますし、集計に使う数値のデータ型は「整数」など、対応するデータ型が指定されていなければレポート作成ができません。

セルのデータ型を変更するには「データ型」の機能を使います。対象となるセルを選択し(列ごとなど、複数選択でもOKです)、「データ型」をクリックし、プルダウンメニューから変更するデータ型を選択します。

選択した列タイトル上で右クリックして表示されるメニューから「値の置換」を選択しても、同様に操作を実行できます。

クエリの編集後、元の画面に戻るには、「閉じて適用」ボタンをクリックします。

いかがでしたか? Excelとは少しずつ操作感が違うPower BI Desktopのクエリエディターですが、コツをつかんで、使い勝手になれていきましょう。

では、また次回!

人材のプロ「パソナ」が運営する 研修・キャリアコンサルティング

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

あなたのスキルを新しい環境で 専門職種の研修が充実!
PASONA CAREER COLLEGE

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。