スキル

2016/01/25

Power BI Desktopのクエリ編集

こんにちは、POWER BI FORUM編集部です。

今回は、Power BI Desktopを使ったデータ加工の基礎テクニックをお届けします。

2015年7月のリリース以降、Webブラウザで利用するブラウザ版も、インストールタイプのWindows版も無料で使えるようになったPower BI。どちらを使ってもレポートの作成が行えますが、取り込んだデータを加工する機能面では、Power BI Desktopのほうが高機能です。

Windowsにインストールして使うPower BI Desktopは、ビジネスユーザーの手に馴染んだExcelのような感覚でデータの加工が行えます。Power BI Desktopを起動すると、ホームタブに、取り込んだデータを加工するためのツール類が並んでいます。

また、サブスクリプション契約不要でダウンロードできる無料ソフトなので、自宅で試してみたいときも、手持ちのパソコンにインストールして、すぐに使い始められるのもメリットです。

 

「クエリを編集」機能とは?

今回紹介するのは、Power BI Desktopの「外部データ」のコーナーにある「クエリを編集」の機能です。表などのデータから情報を加工してレポートやフォーム の作成をするために、データの並べ替えや抽出、計算、結合などを行いますよね。そんなデータ加工をする際、架け橋役となるのがクエリ機能です。生のデータを調理・加工して、説得力あるレポートや分析 資料をつくるための機能、と覚えておきましょう。

もしもクエリという言葉になじみがなくても、実際に画面を見てみれば、いつも行っているエクセルのデータ加工作業と同じだ、とピンとくるはずです。

 

実際にクエリを編集してみる

Power BI Desktopでの「クエリを編集」は、ExcelファイルやWeb接続などで取り込んだデータを集計する際、成形が必要な場合に利用します。

ここでは、あらかじめ表データを取り込んだ状態で、「クエリを編集」をクリックします。すると、下図のように、「クエリエディター」のウィンドウが起動し、取り込み済みの表データがエクセルのスプレッドシートのような形で表示されます。

「クエリエディター」では、たとえば、レポートの作成にあたって不要な行を削除したり、並べ替えたりできます。

例として、1行目を削除してみます。まず、ホームタブの「行の削除」ボタンから「上位の行の削除」を選び、次に表示されるダイアログで削除する行番号を指定します。

数字を「1」と入力すれば上から1行目が、「2」と入力すれば上から1行目と2行目が削除できます。
編集が終わったら、ウィンドウ左上の「閉じて適用」ボタンをクリックします。データの変更が反映されたうえで、もとのPower BIの画面に戻ります。

なお、「クエリを編集」画面は「データを取得」でデータを取り込む際に、画面で「編集」ボタンをクリックしても同じような機能が利用できます。

いかがでしたか? Power BI Desktopの機能に段々となれていきましょう! ではまた次回!

人材のプロ「パソナ」が運営する 研修・キャリアコンサルティング

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

あなたのスキルを新しい環境で 専門職種の研修が充実!
PASONA CAREER COLLEGE

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。