働き方

2017/01/26

私にも確定申告が必要!? 知っておきたい「派遣社員の納税」について

派遣社員でも、確定申告が必要なケースがあることをご存知ですか?やったことがない人は「面倒くさそう」「よくわからない」というイメージを持つかもしれませんが、確定申告をすることで払いすぎた税金を取り戻せる場合もあるんです。

こんな方は確定申告が必要です!

派遣社員の場合、基本的には派遣元である派遣会社が年末調整を行うので、確定申告は不要です。ただし、以下の条件に当てはまる場合は確定申告が必要です。自分が当てはまるかチェックしましょう。

・派遣会社が年末調整に対応していない

一般的には、派遣会社が年末調整を行いますが、中には年末調整を行っていない会社もあるため、念のため確認しておきましょう。

・12月時点でどの派遣会社でも働いていない

1月から12月までに給与を支給されたすべての派遣会社から源泉徴収票を発行してもらい、確定申告を行う必要があります。

・給与ではなく「報酬」扱いで支払調書が発行されている

派遣社員の場合でも、「給与」ではなく「報酬」として収入を得ているケースがあります。その場合は給与明細ではなく支払調書が発行されていますので、確定申告が必要です。

・その他、年末調整では受けられない所得控除がある

たとえば年間10万円を超える医療費がかかった(医療控除)、盗難・火事・地震などの被害を受けた(雑損控除)など、所得控除を受ける場合は確定申告が必要です。

パソナの年末調整はWEB申告で!

パソナは、毎年11月時点で雇用契約がある方について年末調整を実施しています。期間中にMYPAGEに追加される「年末調整申告」メニューから申告の手続きができるので、とっても便利!さらに、他社の年末調整で源泉徴収票が必要な方はMYPAGE内の「申請手続き窓口」から閲覧・出力ができます。ただし、期間中に申告できなかった場合は、翌年自分で確定申告をしなくてはいけません。対象者の方は、ご注意くださいね。

困ったときは営業や専用窓口に相談を

「説明を読んでもよくわからない」「自分で確定申告する場合、どうすればいいの?」などの相談は、担当営業やパソナのスタッフコンシェルジュへお問い合わせください。期間中は、年末調整担当の専用窓口 を設けています。

まとめ

確定申告は一見敷居が高そうですが、やってみると案外スムーズにできるもの。基本的に翌年の2月中旬から3月中旬が申告期間 ですので、必要のある人は余裕を持って取り組みましょう。何か困ったときは営業やスタッフコンシェルジュにご相談くださいね。

パソナのお仕事開始するまでの流れ

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

“はじめて”の疑問はここで解決! 派遣やパソナのご利用が
はじめての方向けの情報を
まとめました。

やっぱり「パソナ」! 登録スタッフの方のクチコミや
サポート体制など
パソナを選んだ3つの理由

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。