悩み・質問

2017/02/21

【派遣社員のためのお悩み相談室5】お祝いや歓送迎会は参加必須?

派遣社員を悩ませる、職場での人づきあい。その中でも、お祝いや歓送迎会などのお誘いがあったときにどうすべきか悩む方は多いようです。業務とは直接関係ない部分ですが、職場のコミュニケーションを円滑に進めるためにも、状況に応じた対処法を知っておきましょう。

部署の人のお祝いへの参加を求められたら

異動のお花代や餞別、結婚祝いなどへの参加を求められた 場合「お世話になっている方なのでお祝いしたい」と思うなら、ぜひ参加しましょう。もちろん、必ずしも参加しなければならないものではないので、断るという選択肢もアリ。ただし、「金欠なので」「そのようなものは参加したくありません」といった断り方は声をかけてくれた相手に失礼にあたってしまいます。「個人的にお祝いしたいので・・・」「あまりお付き合いも無かったため、今回は遠慮させていただきたい」など、誠意が伝わるような言葉を選びましょう。

派遣先の歓送迎会に誘われたら

お祝いのときと同様、参加する or しないは個人の自由です。誘う側はおそらく、社員・派遣社員の区別なく声をかけようとしてくれているはず。「派遣なのに参加していいのかな?」「せっかく誘ってくれたのに、派遣が断ると角が立つかしら?」などと、気を遣う必要はありません。断る場合は「ありがとうございます。でも今回は遠慮しておきます」「せっかくなのですが、先約がありまして…」など、まず誘ってくれたことへの感謝の気持ちを表すことを忘れないで。

断る場合に注意すべきポイント

「参加は個人の自由意志」とはいえ、職場の雰囲気によっては断りにくいこともありますよね。そんなときは、2つのポイント を押さえましょう。まず、断るなら「早めに伝える」ということ。返事を先延ばしにしていると、どんどん断りづらくなるうえに、幹事の方に迷惑をかけてしまうことにもなります。次に、断る理由をハッキリ伝えるということ。「家族や子どもが体調不良なので」「資格取得の勉強のため、夜は自宅に帰りたい」など、相手に「それなら仕方ないな」と思ってもらえる理由がよいでしょう。かつ、必ず感謝や謝罪の気持ちもセットで表すことが大切です。

まとめ

飲み会が盛んに開かれる職場の場合、毎回参加するのは負担が大きくなりがち。「時間とお金に余裕のある時は参加する」「参加メンバーによって考える」など、無理のない範囲で参加する 方が多いようです。また、参加を断ったものの、翌日気まずさを感じるという方は「昨日の夜は盛り上がりましたか?」と、自ら話を振るのもコミュニケーションスキルのひとつ。「こんなときはどうしよう?」と迷ったときは、周りの派遣スタッフやパソナの営業担当に相談するのもおすすめです。

パソナの派遣 クチコミNo.1のヒミツ

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

“はじめて”の疑問はここで解決! 派遣やパソナのご利用が
はじめての方向けの情報を
まとめました。

やっぱり「パソナ」! 登録スタッフの方のクチコミや
サポート体制など
パソナを選んだ3つの理由

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。