スキル

2017/10/05

Visioカスタムビジュアルが登場

Microsoft Visioによる図版をPower BIでも利用可能に

Microsoft Visioは、設計図やダイアグラムなどの作図を行うためのソフトウェアです。チャートやグラフといったビジネス分野のダイアグラム作成を始め、IT業務や建設業などにおけるインターフェース図、ネットワーク図、配管、フロアプラン、電気通信などの図面作成に利用されています。

Power BIでは、Visioカスタムビジュアルを使うことで、Visioで作成した図をPower BIのレポート上に配置し、チャートと連動できるようになりました。この機能を使うには、OfficeストアからVisioカスタムビジュアルをインストールします(2017年10月現在は、プレビュー版が配布されています)。

関連記事:カスタムビジュアルの入手方法

あらかじめSharePointやOne Drive for Businessに保存しておいたVisioデータを読み込み、ファイルをリンクして利用することが可能です。

利用例は、以下のリンクからご覧になれます。
Visio利用例サンプル(マイクロソフト社のサイトを開く)

 

感覚的に見て状況を把握できるダイアグラムを連動

ここではどのようにVisioダイアグラムを使っているのか、一例を紹介しましょう。サンプルで使用しているのは、ある店舗の在庫や売上といった情報です。下図では、製品が置かれているラックごとに色を変えたツリーマップを使用しています。

では、このツリーマップをVisioで作られたフロアマップに切り替えたらどうなるでしょうか? 下図のように見たまま、店舗のどこに何があって、それがどんな状況にあるのかがひと目で把握できます。

もちろん、ドリルダウンでチェックすることも可能ですので、売上状況とフロアマップを比較しながら、棚の移動や増設、商品の入れ替えなどを検討することが容易になります。

Visioには多くのチャート機能があり、ほかにもフローチャート、フィッシュボーンチャート、組織図など、これまではPower BI のカスタムビジュアルで表現が難しかったさまざまなチャートが利用可能になります。

利用時の注意としては、現在はパブリックプレビュー段階のため、Visioダイアグラムにアクセスするには、必ずSharePointと組織IDが必要です。また、Visioビジュアルを含むレポートをWebに発行するには、Visioダイアグラムが認証されている。
(詳細説明についてはOfficeのサポートサイトの記事を参照)必要があります。最後に、Power BI Mobileではまだサポートされていないため、表示されません。また、Power BIの埋め込み、PowerPointへの書き出し、メールでの送信はできません。

いかがですか。作図・可視化のツールとして人気のあるVisio、Power BIと組み合わせてみたかった方には便利な機能が追加されました。Visioチャートを盛り込むことで、より表現力豊かで、分析しやすいレポート作成が可能になりそうです。

人材のプロ「パソナ」が運営する 研修・キャリアコンサルティング

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

あなたのスキルを新しい環境で 専門職種の研修が充実!
PASONA CAREER COLLEGE

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。