悩み・質問

2015/07/30

人生いろいろ、貿易取引もいろいろ♪

みなさん、こんにちは。こんてなんじゃよ。

今日は、貿易にはさまざまな形態があるというお話しじゃ。貿易業界で働いている人も、これから働こうと思っている人も、いろんな形態を知っておくことは、良い勉強になると思いますぞ!では、早速はじめようかのう。

「直接貿易」と「間接貿易」

「直接貿易」というのは、言葉が表す通り、売り手(輸出者)と買い手(輸入者)が直接取引する形態じゃ。この取引では、輸入者は輸出者に対して商品内容や価格などが直接交渉できるため、相手の反応が見やすく、迅速な取引も可能というメリットがあるんじゃ。その分、商品の品質や運送、為替変動のリスクは自社で負う必要がありますな。

「間接貿易」というのは、いわゆる商社や流通業者を通して取引する形態じゃ。商社は、貿易に関して豊富な経験や情報を持っておるから、その蓄積されたノウハウやネットワークで海外事業を進めてもらえるのがメリットじゃ。

貿易実務についても商社に肩代わりしてもらうため、リスクや手間も省けますのう。ただ、直接交渉できない分、意見が通しにくかったり、中間マージン分のコストがかかり、市場での価格競争力が弱くなったり、というデメリットもありますぞ。

「仲介貿易」

「仲介貿易」というのは、外国の輸出者と、外国の輸入者との貿易を、その両国以外の第三者が仲介する取引形態じゃ。たとえば、日本の業者が、アメリカ・ベトナム間の貿易取引を仲介するようなケースは、これにあたりますぞ。仲介貿易の売買契約は、輸出者、輸入者ともに仲介業者と結ぶんじゃが、商品は輸出者から輸入者へダイレクトに輸送されるんじゃ。

三国間貿易と呼ばれる貿易の一種であり、日本に本社があって世界各国に支社がある会社では一種の同社内の取引になるが、このような取引も結構あると聞きますのう。

「順委託加工貿易」と「逆委託加工貿易」

ある国から輸入したものを加工して、再輸出する形態を「加工貿易」といいますぞ。加工貿易には2種類あって、「順委託加工貿易」は外国からの委託を受けて原材料や部品を輸入し、組み立てた製品を委託者に輸出して加工費を受け取る形態で、「逆委託加工貿易」は、その逆になるんじゃ。

日本は戦後、順委託加工貿易を行い、受託者として経済を発展してきたんじゃが、国内の人件費が高くなってきてからは、海外に技術やノウハウを提供して(委託者として)経済効果を高めていく逆委託加工貿易の国に移行しておるぞ。

パソナは貿易事務のお仕事情報多数!

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。