用語

2017/06/19

「為替予約」以外の為替変動リスク対策について一挙紹介!

こんにちは、貿易女子の円(まどか)です。2017年はトランプ大統領就任にあたり、為替相場が大きく動いたのですが、為替相場の変動は輸出入者にとってはリスクとなります。以前、その為替変動リスク対策のもっともポピュラーな方法「(先物)為替予約」についてお話しましたが、本日は、それ以外の方法についてご紹介したいと思います。

関連記事:「『為替予約』は為替変動リスク対策の定番!

輸出者、輸入者が自身の裁量でできる4つの為替変動リスク対策

先日お話した「(先物)為替予約」という為替変動リスク対策は、銀行との取引によってリスクを減らす方法でしたが、本日ご紹介するのは、“輸出者や輸入者が自分自身の裁量で行う”方法です。

では早速ですが、代表的な4つの方法についてご紹介していきましょう。

■日本円(自国通貨)で取引する

為替変動リスクは、そもそも外国通貨のレートが変動するから引き起こされるので、自国通貨で取引すれば為替リスクがありません。たとえば、日本の企業が輸入する立場にあるとき、売買取引を円建てで行えば外貨を日本円に交換する必要がないので、まさに究極のリスク対策となります。ただ、その代わりに海外の取引先(輸出者)が為替リスクを負うことになるので、リスクに見合う商品価格の値引きなどを要求される可能性があります。

■リーズ・アンド・ラッグズ(Leads and lags)※

輸出者、輸入者自身が相場の動きを見て、外貨の決済時期を早めたり遅めたりしながら為替相場の変動に対応する方法です。ただ、外貨の相場予測は難しいため、確実なリスク対策とはなりません。また、輸出者は輸入者へと出荷した貨物の商品代金をなるべく早く回収したいことから、輸出者と輸入者のあいだにしっかりと信頼関係がないと成立しない方法です。

※リーズ(leads)は早めること、ラッグズ(lags)は遅らせることの意。

■為替マリー(Exchange Marry)

輸出した商品代金を外貨で受け取り、その外貨で輸入した商品代金の支払いにあてる方法です。債権(受取外貨)と債務(支払外貨)を同時に持っていれば、組み合わせること(マリー)で為替変動による差益と差損を相殺するのです。ただ、実際にはよっぽど大きな商社でなければ外貨の債権債務を同時に(同額程度)持っているということはなく、どの企業も行える方法ではありません。

■ネッティング

輸出、輸入の両方の取引がある相手と、一定期間の輸出額と輸入額を相殺する方法です。相殺しきれなかった分(残額)は為替変動リスクがありますが、金額が小さくなる分、リスクも軽減されます。また、ネッティングは支払いと受け取りを相殺することで、本来なら複数回発生する送金が一度になり、銀行へ支払う手数料を削減できるため、同じ企業グループの会社など信頼できる会社との取引において利用されています。

※関連記事:「ネッティングという決済方法を知っていますか?

こうして4つの方法をみていくと、それぞれの為替変動リスク対策は会社によって“できる・できない”があることがわかります。その点、(先物)為替予約という方法は、会社の規模にかかわらず、どの輸出入者でも行えるので(逆説的な説明になりますが)もっとも利用されていることも理解できますね。

為替予約については、「『為替予約』は為替変動リスク対策の定番!」、「為替変動リスク対策の定番『為替予約』の方法を知ろう!」でご紹介しましたので、気になる方はぜひご覧ください。

パソナは貿易事務のお仕事情報多数!

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。