用語

2015/07/27

貨物到着後に必ず確認しよう「フリータイム(Free Time)」

こんにちは!貿易女子の円(まどか)です。

夏って、紫外線ケア、メイク直し・・・女子にとっては手間のかかる季節です。最近薬局でメイク直しいらず!UVカット!と書いていた下地クリーム試してみたけど、全然ダメ (-.-: 結局、今日もお手洗いでメイク直し。半分諦めモードの私に誰かいいコスメ紹介してもらえないかしら?!

それでは、今日の「貿易用語」をはじめましょう!

輸入業務では確認必須!コンテナの「フリータイム(Free Time)」

「フリータイム」は、輸入されてきたコンテナ貨物を、港のコンテナヤード(CY)や特定の倉庫(CFS)に無料で保管してもらえる期間(コンテナの引き取り猶予期間)のことです。

その期間は、船会社によって異なりますが、一般的に5〜10日間程度。(冷凍機能を持つリーファー・コンテナなど特殊コンテナのフリータイムは1〜3日間とより短いことが多い。)

もし、このフリータイムの期間内にコンテナを引き取ることができず、引き続き留置することになれば、「デマレージ(Demurrage)」という「超過保管料」が課されます。

通常、輸入者はフリータイム期間内に引き取るため、起用するフォワーダーに輸入申告に必要な書類や情報を提供するなど、通関準備を依頼します。(どんな商社でも貿易会社でも、基本的には、無駄な経費は出さずに引き取りたいと考えていると思います。)

輸入通関許可が下りれば、国内の倉庫や工場など、どこにでも搬入することができますが、実務で気をつけたいのは、搬入先との日程の調整。フォワーダーが所有している倉庫や自社倉庫の場合は、日時の融通が利きやすいですが、それでも時には混雑など倉庫側の事情で、貨物の搬入を受け入れられない日があるかもしれません。

また、顧客の倉庫や工場へ貨物を直送(直接納入)する場合などは、搬入日時の事前連絡が必要なこともあります。

このように、倉庫など搬入先と日時を調整しなければならないとき、輸入者はそのスケジュールを立てやすくするためにも、デマレージ(超過保管料)をとられないためにも、フリータイムの期限日を把握しておくことが大切です。

フリータイムの期間は、船会社や地域によって異なり、貨物が到着してからでないとわからないこともありますが、「貨物到着案内(A/N)」が届いたら確認することができます。船会社に直接連絡して確認するか、フォワーダーを通して確認しましょう。

パソナは貿易事務のお仕事情報多数!

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。