スキル

2016/11/08

【資格】改定版簿記2級のワンポイントレッスン~有価証券の分類と評価①~

おう!数字の海のライフセイバー、経理サバこと財前サバ夫だ。日商簿記検定の準備は進んでるか?改定によって簿記の試験範囲が広くなったことで、特に2級は難易度が上がったって言われてるよな。だが、試験を作っているヤツらは別にお前らにツラい思いをさせたいから問題を難しくしているわけじゃない。むしろ、会計・財務の大海原に飛び出してもちゃんと目的地まで泳ぎきれるようにしてくれているんだ。お前らのゴールは、簿記の資格を取ることじゃないはずだぜ。そこを意識しながら勉強に励めよ!

前回の「改定版簿記2級のワンポイントレッスン」では、売上原価対立法について説明した。今回は、改定にあたって簿記1級の範囲から2級の範囲になった、有価証券(子会社株式・関連会社株式・その他有価証券)の処理について話をしていくぜ。

改訂版簿記2級のキーパート、有価証券の基礎知識

有価証券ってのは、文字通り「価値がある証として認められる券(紙)」のことだな。もう少し詳しく説明するとすれば、一定の商法上の権利(財産権)を示す証明書はすべてこれに該当し、為替手形や国債証券、株券、投資証券、社債券といったものから商品券や図書券といったものまで有価証券ってことになる。ちなみに、収入印紙や郵便切手などの金券は権利を示すものではなく、有価証券とは区別されるから要注意だ。

有価証券の仕訳は保有目的で変わる

有価証券は保有目的ごとに以下の5つに分けられるんだが、この保有目的によって仕訳は異なる。なぜなら、有価証券を保有する目的によって投資活動の成果(=評価)が変わってくるからだ。

種類 定義
売買目的有価証券 時価の変動による差額で利益を得ることを目的とした株式や債券
満期保有目的債券 満期まで保有する目的で購入した債券
子会社株式 発行済株式の50%超を保有している会社(子会社)の株式
関連会社株式 発行済株式の20~50%を保有している会社(関連会社)の株式
その他有価証券 上記4つに該当しない株式や債券

簿記の試験などで有価証券を正しく仕訳するには、保有目的を明らかにすることが重要になる。例えば、問題文に「売買目的で取得した」といった記載があれば売買目的有価証券にあたるよな。保有目的がよく分からなくても、「株式には満期がないから満期保有目的債券ではない」とか、「株式の保有割合が計算できないから子会社株式や関連会社株式ではない」といった形でその他有価証券だと特定することもできるはずだ。

国語の試験を受けるみたいに、注意深く問題を読むようにしろよ。

保有目的で見る貸借対照表上の表示

有価証券は、保有目的によって貸借対照表における各表示科目と表示区分も変わる。上記とセットで覚えておくようにな!

表示区分 勘定科目 保有目的
流動資産 有価証券 売買目的有価証券
満期日まで1年以内の満期保有目的債券
満期日まで1年以内のその他有価証券
固定資産 投資有価証券 満期日まで1年超の満期保有目的債券
満期日まで1年超のその他有価証券
その他有価証券
関係会社株式 子会社株式
関連会社株式

扱いで注意したいのは、「満期保有目的債券」と「その他有価証券」だ。これらに該当する債権には1年基準(固定資産か流動資産かをどう区分するか判断する基準)が適用され、決算日の翌日から1年以内に満期が来るものは「有価証券」として流動資産に、それより先に満期が来るものは「投資有価証券」として固定資産の区分に表示することになってるから、忘れるんじゃねぇぞ。

復習をして次を待て

今回の有価証券の分類と評価に関する「改定版簿記2級のワンポイントレッスン」は以上だ。……と言いてぇところだが、まだ伝えきれていない内容があるから、そこんところは追って講義を開いてやる。まずは今回のレッスンを復習して、次に備えておくように。分かったか?……よし、じゃあ今回はこの辺でおいとまするとするか。あばよ!

あなたに合った経理のお仕事あります!

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

あなたのスキルを新しい環境で 専門職種の研修が充実!
PASONA CAREER COLLEGE

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。