キャリアアップ

2016/09/06

Excelの操作を英語で表現すると…?

コンニチハ!田中ジェーンです!9月に入り、さすがに日中でも涼しくなったような気がするのはワタシだけ !?こんな気候の不安定な時期の方が、油断があるせいか体調を崩しやすい!という注意を、family doctor(かかりつけ医、主治医)から受けました。みなさんも注意してくださいネ。では今日のビジネスイングリッシュ、はじめましょ♪

簡単な動詞+Excel単語で表現する

まずは、操作に必要なExcelの頻出単語を英語で覚えましょう!

◆ Excel頻出単語リスト
Excelファイル(Excel file / book)
シート(sheet / work sheet / spread sheet)
シートタブ(sheet tabs / index)
セル(cell) A列3行目(A3 cell) 選択中のセル(active cell)
行(rows) 1行目(1 row / first row)
列(columns) 1列目(A column)
見出し(headers / headings / headlines)
枠線(gridlines)
関数(function) SUM関数(SUM function)
数式バー(formula / formula bar)
縦スクロールバー(vertical scroll bar)
横スクロールバー(lateral / horizontal scroll bar)
選択範囲(active cells / active area / selected range)
非表示の列/行(hidden column / row)
印刷範囲(print / printed area)

このくらい覚えておけば、大体の操作説明は英語で出来ますよ。日本語と大きな差は無いですよね。

では、実際にどのように英文で表現するかもご紹介しますね。

◆ 動詞+Excel単語
Excelを開く(open the Excel file / open the Book)
シートを選ぶ(click on the sheet tab)
セルを選択する(make the cell active)
A列とB列の間にポインターを合わせる
(set the mouse pointer over the gridline between A-B column)
画面を 《上方向へ / 下方向へ》 移動させる
(scroll 《up / down》 the display)
印刷範囲を選択する(drag the print area)
あなたに合った経理のお仕事あります!

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

サービス満足度95%! 一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。