用語

2016/04/28

信用状発行銀行に不安のあるときに発行する「確認信用状」

みなさんご機嫌よう。こんてなんじゃ。いよいよ明日からゴールデンウィークじゃな。ワシが世界の海を渡ってあっちへこっちへと貨物を運んでいた現役時代、この時期に日本に着くと、いつも忙しい港もゆったりとしていて、ワシもののんびりと海を眺めていたのう。みなさんも、ゆっくり骨休めしてくださいな。では、本日の「貿易雑学」の話を始めますぞ。

(注)今日初めて「信用状(L/C)」という言葉を聞いた方、また、あまり理解していないかも…という方は、こちらをクリックして、日付が古いものから順に読んでいただければ、より理解しやすいかと思います。

第三者に信用を補完してもらう「確認信用状(Confirmed L/C)」

貿易取引において利用される信用状には、いくつかのバリエーションがあるんじゃが、今回は、「確認信用状(Confirmed L/C)」についてご紹介しますぞ。

この記事を読んでくださっているみなさんはご存知だと思うんじゃが、信用状(L/C)は、輸入者が輸入地の銀行に発行を依頼して開設されるもので、この信用状発行銀行(開設銀行)が輸出者への支払いを保証したものじゃな。

じゃが、そもそも信用状発行銀行の信用度が低い場合や、輸入国の経済事情などから外貨送金に不安がある場合には、発行銀行とは別に国際的に信用度の高い銀行(第三国や輸出地の一流銀行)に信用を補完してもらうこともあるんじゃよ。この第三者の銀行に信用状の代金支払いを確約してもらって発行するものを「確認信用状」といいますぞ。

そして、この代金支払いを確約した第三者の銀行を「確認銀行(Confirming bank)」とよんでおる。「確認銀行」は確認を行った時点で発行銀行と同等の義務を負い、万一、信用状発行銀行の決済が行われなかった場合には、代わりに決済を行うことになるんじゃ。

輸出者が「信用状(L/C)」取引するときに気をつけるべきこと

「確認信用状」がどんなものかというのは、理解いただけたかと思うんじゃが、ここで、輸出者が信用状取引を行う場合について注意しなければならないことをご紹介しましょうかのう。(「確認信用状」に関係するんじゃよ。)

先ほども述べたように、信用状は、輸入地の銀行が商品代金の支払いを保証してくれるものなんじゃが、最終的に輸出者が支払いを受け取るのは、(信用状に記載された条件に合致した)船積書類と為替手形を提示してからになりますな。じゃが、日本の銀行は信用状なら無条件に為替手形の買取りに応じるということはなく、信用状発行銀行によっては手形の買取りを拒否することもあるんじゃよ。

じゃから、日本の輸出者は信用状取引で契約する場合には、気をつけなければならないんじゃ。特に、開発途上国の輸入者と契約するときには、取引条件を交渉する際に、あらかじめ信用状発行銀行について、輸出者の取引銀行(買取銀行)に信用状の買取りができるかどうか相談しておくことが必要じゃ。

その際に、その信用状発行銀行では手形が買取りされないことがわかったら、輸入者に対し、信用度の高い銀行が支払いを確約した「確認信用状」を条件に交渉を進めて売買契約を交わすという方法をとるんじゃよ。(ただ、確認信用状は、信用状の発行とは別に費用がかかるため、輸入者、輸入者のどちらが負担するかなど話し合いが必要になりますぞ。)

パソナは貿易事務のお仕事情報多数!

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。