悩み・質問

2016/05/09

パッキングリストに記載しておくべきことは?

こんにちは!貿易女子の円(まどか)です。先週の「貿易用語」では、インボイスの記載事項についてご紹介しましたが、本日はパッキングリストの記載事項についてお話ししましょう!すでに貿易事務として働いていらっしゃる方はご存知だと思いますが、パッキングリストは、輸出者が作成し輸入者に送付する船積書類※のひとつですので、ぜひ覚えてくださいね♪

※船積書類には、船荷証券(B/L)、インボイス、保険証券などがあります。

パッキングリスト=梱包明細書

パッキングリストは、貨物をどのように梱包しているか、梱包箱の数、重量やサイズ、ケースマークなどを記載した梱包明細書ですが、この書類は輸入者だけでなく、貨物の輸送に関わるフォワーダー、港や倉庫で梱包や仕分け作業をする方々も見ています。(貨物の数量を確認するときなどに、照らし合わせていると聞きます。)

以前、「倉庫担当者にもわかりやすく!パッキングリスト」の記事でも触れたのですが、パッキングリストの記載事項は、インボイスとまったく同じ記載もあるのですが、この書類ならではの内容もあります。

以下の記載事項が、一般的なパッキングリストの項目です。

※パッキングリストの様式に決まりがなく、会社によって異なりますので、よく見られる記載項目をご紹介します。

一般的なパッキングリストの項目
① 輸出者(Shipper/Seller):社名、住所、電話・FAX番号
② インボイスナンバー(Invoice No.)
③ 作成日(Date)
④ 輸入者(Sold to):社名、住所、電話・FAX番号
⑤ Shipped Per:積載予定の本船名を記入
⑥ Sail on:本船の出向日を記入
⑦ Shipped from:船積港
⑧ To:仕向港
⑨ Description of Goods(商品の明細)
⑩ Item name:商品名
⑪ Quantity:数量
★⑫ Case No. (C/No.)
★⑬ 貨物の荷姿と個数/カートン数
★⑭ 商品の入り数(いりすう)
★⑮ Net Weight:正味重量(商品自体(梱包前)の重量)/(Gross Weightは梱包材も含めた重量)
★⑯ Total:貨物の外装荷姿の数量と、商品の合計数量
★⑰ ケースマーク
⑱ Signature:輸出者の社名と担当者のサイン

★印は、パッキングリストならではの記載事項

パッキングリストならではの記載事項

上の★印の記載事項で気付かれた方も多いかと思いますが、パッキングリストならではの記載事項には、以下5つの特徴があります。

・梱包状態 – 「どのような箱・ケース・ドラム等」に、「いくつ」詰められているのか
・正味重量(Net Weight) – 商品単体(梱包前)の重量
・総重量(Gross Weight) – 梱包を含めた重量
・容積(Measurement) – 梱包を含めた貨物のサイズ(CBM [㎥]で記載される)
・荷印(Case Mark/Shipping Marks) – 貨物が梱包された状態でも商品が特定できるようにするために記載されている情報(輸出者名、商品名、数量、荷姿など)

ただ、パッキングリストには「必ずこう書きなさい!」という決まりがあるわけではないため、上記事項のすべてが記載されているとは限らないのですが※、一般的に、関係者に求められている内容だということは覚えておきましょう。

※容積については、B/Lに記載されるため、パッキングリストには記載されていないこともあります。

また、先週お話ししたインボイスと同じように、商社や貿易会社には、基本的にパッキングリストのテンプレートがあるので、その内容を踏襲すればいいと思います。ただ、取引先から情報を追加してほしいとリクエストを受けたときには、相手がよりわかりやすいパッキングリストに改良していくことも大切です。

パソナを選んだTOP3

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

サービス満足度95%! 一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。