スキル

2015/09/01

【電卓】経理業務の効率をアップさせる計算スキル

おう!水もしたたるいい男、経理サバの財前サバ夫だ。やっぱり、スマートに計算ができる経理ってカッコいいよな。でも、計算スキルは一朝一夕で身に付くものじゃない。超一流の経理・会計を目指すなら、日常業務の中で常にスキルを磨き続ける姿勢が大切だ。今回は、「経理業務の効率をアップさせる計算スキル」について話を進めていくぜ。1分1秒も無駄にしたくないっていう意識の高い財務担当諸君は、最後までしっかりついてこいよ!

「電卓」を使いこなして、憧れの計算マスターに

計算マスターになるための第一歩は、電卓の機能を使いこなすことだ。以前、今さら聞けない電卓スキルを「その1」「その2」「その3」と3回にわけて教えたから、覚えてるヤツも多いかもな。だが、実はまだ知っておいてほしい電卓テクニックがあるんだ。以下で説明していくぜ。

意外と使われていない3つの電卓テクニック

累乗計算

例えば「35の2乗」を計算する時、「3」「5」「×」「3」「5」「=」と押してないか? 当たり前だと思ったヤツはまだまだ青い。できる経理は「3」「5」「×」「=」でおしまいだ。「キーを押す作業が6回から4回になっただけ」と思ってくれるなよ?「35の3乗」を計算するなら「3」「5」「×」「=」「=」で9回が5回に、4乗なら「3」「5」「×」「=」「=」「=」で12回が6回になるんだ。累乗する数字が少数の場合はもっと楽に、もっと速く計算できるから、財務連中は絶対に覚えておいたほうがいいぜ。

入れ替わり計算

電卓で「3+5=」と打つと「8」という答えが出るよな。その後、「1=」と電卓に入れるとどうなると思う?そう、「6」が正解だ。ちなみに「5=」と入れれば「10」になる。これは最初に計算した「3+5=8」の式の最初の3が、「1=」の入力によって「1+5=」という式に置き替わったってことだ。最初の数字が変わるケースの連続計算では非常に便利なんだよな。ちなみにこれ、引き算でも同じように効率化できるぜ。

検算

伝票の束をまとめて計算した後は、その計算が合っているかチェックしないといけないよな。そこで活用したいのが検算機能だ。まずは普通に計算して、二度目の計算をする前に検算キーを押すだけ。どうだ、簡単だろ?検算の結果が一度目と同じなら電子音やディスプレイの表示で知らせてくれるし、違っていたら入力ができなくなる。そこで検算キーを押せば、前回入力した数値が確認できるって寸法だ。

電卓でもタッチタイピングを

タッチタイピング(ブラインドタッチ)はキーボードでやるもの、そう思ってるヤツは半分不正解。なぜなら、電卓でもタッチタイピングはできるからだ。キーボードの「F」と「J」のキーに突起物があるのは知ってるよな?それと同じように、たいていの電卓にも「5」のキーに突起物が付いている。そこに中指が常にある感覚を身に付けられればOKだ。あとはどこにどのキーがあるのかを覚えてくれればいい。

ちなみに、電卓のタッチタイピングは「姿勢が命」だ。姿勢が悪いと肘や手首を置く位置がうまく決まらず、余計な力が入って手が疲れたり痛くなったりするから注意しろよな。

「余裕」がなせる裏技

最後に、電卓を使った「取っておきの裏技」を教えよう。まずカシオの電卓を用意してくれ。その電卓の数字キーの四隅にあたる「1」「3」「7」「9」と「AC」のキーをすべて同時押しすると……液晶に「CASIO」と表示されるんだ。……ちょっと楽しくないか?「電卓を制する者は経理を制す」って言葉があるが、こんなテクニックでも知っているだけで後輩からは一目置かれるかもしれない。ま、経理・会計の業務の効率をアップさせるスキルではないけどな。

ちなみに、最後のテクニックが通用しないカシオの電卓もあるようだから、一応覚えておくといいぜ。電卓の世界にもアウトローな奴はいるってこったな。それじゃあ今回はこの辺で失礼するぜ。あばよ!

あなたに合った経理のお仕事あります!

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

あなたのスキルを新しい環境で 専門職種の研修が充実!
PASONA CAREER COLLEGE

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。