用語

2014/06/16

「出納」|経理用語解説

現金管理業務の要!「出納」

今回目の経理用語は「出納(すいとう)」。

「出納」とは、経理・会計業務において現金の出し入れをする作業のことです。そして、現金の支出日やその用途、金額などを記録する帳簿を「現金出納帳」といいます。この現金出納帳に記帳する作業までが、現金出納事務の業務。現金を出し入れしたら、責任を持って記帳までしなければいけません。

企業のお金の出入りは、銀行口座を通して行うことが一般的ですが、出張費の仮払いや備品の購入、交通費の立て替えなど、さまざまな場面で現金のやり取りが発生します。そのために、経理部では一定額の現金を常に置いておくわけです。

現金の管理で一番大切なことは、現金出納帳の現金残高と、金庫にある実際の現金残高を常に一致させておくこと。毎日の締めでは、必ず一致しているかどうかをチェックしなければいけません。

経理用語ミニミニ豆知識
「出納」は、平安時代に生まれた仕事です。天皇の秘書のような役割を果たしていた事務所「蔵人所」や、有力な公家の裏方業務に存在する仕事でした。納殿と呼ばれる書籍書庫の管理や雑具・財物の出し入れなど、もろもろの雑事・庶務に当たっていた人たちを「出納係」と呼んでいたのだそうです。蔵人所が発行する文書作成にも携わっていたので、出納係には事務の能力だけでなく、ある程度の知識と教養が必要だったようです。

置いている現金の額は企業によって違いますが、高額の現金を扱うこともあるため、驚いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、現金出納帳との一致も、ミスがないか神経を使う業務です。

あなたに合った経理のお仕事あります!

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。