悩み・質問

2017/07/20

欧米人や中国人のコミュニケーションスタイルは日本人と何が違う?

みなさん、ご機嫌よう。こんてんじゃ。いよいよ夏本番じゃな。先日、グランピングなる言葉を初めて耳にしたんじゃが、最近はアウトドアを楽しめる施設が増えているようですな。マラソンを楽しむ人、ロードサイクリングを楽しむ人も増えていると聞くし、なんだか日本も変わったなぁ、と新しい時代を感じておりますぞ。では、本日のお題である、コミュニケーションスタイルの話をしましょうかのう。

日本は世界的にも特殊なコミュニケーションスタイルを持っている

欧米型のコミュニケーションスタイルの特徴をお話する前に、その違いを明確にするために、日本人のコミュニケーションスタイルをご紹介しましょうかのう。

貿易に関心のあるみなさんは留学経験がある方も多いと思いますし、身をもってコミュニケーションスタイルの違いを体感した方も少なくないかと思うんじゃが、一般的に日本のコミュニケーションスタイルには以下の特徴があるといわれますぞ。

・結論は後にまわし、説明(理由)を前にもってくる。
・遠回しで曖昧な(婉曲的な)表現を好む。
・衝突や対立を避けるため、意見の違いを表明することに抵抗を持つ。
・聞き手に言外の意味を察する能力を求める。

みなさんの中には、自分はそうではないんだけどなぁ…と思われる方もいるとは思うんじゃが、数年前からよく使われる「空気を読む/読まない」という言葉に代表されるように、日本人は相手の行動や言葉から察する能力を求める傾向があるし、言い換えれば、話し手がダイレクトな表現をしないという特徴があるんじゃ。

これは日本が海に囲まれた島国であること、また、ほぼ単一民族で社会が形成されていることが大きな要因だと考えられているんじゃが、こうした背景を持つ国が世界的に珍しいため、そのコミュニケーションスタイルも他ではあまり見られない特殊なスタイルといわれるんじゃよ。

そもそも日本語という言語は主語・主体がなくても(曖昧でも)話せる言葉という特徴があって、日本人同士は「私は~」とか「それが~」「誰が~」といわずともお互いに察し合いますな。

この日本語が日本人特有といわれるコミュニケーションスタイルを育てたのか、それともコミュニケーションスタイルが日本語を形作ったのか、ワシは専門家じゃないのでわからんのじゃが、いずれにしても、主語・主体を明確にさせる英語とは大きく違うので、おのずとコミュニケーションの取り方にも影響があるといわれていますぞ。

欧米のコミュニケーションは論理性、客観性が求められる

では、欧米のコミュニケーションがどのように違うかというと、先ほど話した日本のコミュニケーションの特徴である4点を逆に考えればその特徴が見えてきますぞ。

英語圏をはじめ、ヨーロッパの言語(ラテン語)圏でのコミュニケーションでは、

・結論を先に話し、理由(説明)は後にまわす。
・ロジカルでダイレクトな表現を好む。
・意見の違いを明確にし、話し合う(討論する)。
・聞き手に言葉(文脈)そのもので理解を求める。

こうしたコミュニケーションは、中国をはじめ、他地域にも共通していることが多いですぞ。とりわけ、ビジネスの取引においては、そのやりとりに論理性や客観性のある発言、コミュニケーションが求められるのう。

欧米のコミュニケーションスタイルでは、相手の気持ちを推し量ったりすることは少なく、「言わないとわからない」のが前提。そして、一般的に貿易の現場は英語でやりとりされ、日本人も国際ビジネスでは、英語でのコミュニケーションスタイルを理解して対応することが大切じゃよ。

日本でもビジネスを行う上では論理的な表現が求められ、日常生活でのコミュニケーションよりはずっと欧米的な表現をすることも多いと聞くんじゃが、それでも、日本に住んでいれば日本のコミュニケーションスタイルに慣れ親しんでいるし、バチッと切り替えるなんてことはなかなか難しいことじゃのう。

もちろん、海外の取引相手も、彼らなりに日本のコミュニケーションスタイルを理解しようとしているじゃろうし、おたがい歩み寄ることができれば一番じゃ。じゃが、先ほども述べたように、国際ビジネスの現場は基本的に英語じゃから、われわれの方がそのコミュニケーションスタイルを理解し、対応していく姿勢が求められますぞ!

パソナは貿易事務のお仕事情報多数!

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。