用語

2016/07/25

「貨物の受渡し条件」を知っていますか?

こんにちは!貿易女子の円(まどか)です。今日は「貨物の受渡し条件」についてご紹介しますね♪暑い日が続きますが、体調崩されていませんか?私は夏野菜とお肉をしっかり食べる食生活で、今のところ元気に乗り切れています。あと、疲れたときはレモンの果汁を飲むのがマイブーム。身体が軽くなったような感じで元気になるんです。私には合っているようです(^o^)/ では今週の「貿易用語」を始めますよ~!

そもそも「貨物の受渡し条件」って何?

みなさまは、「貨物の受渡し条件」という言葉を聞いたことがありますか?

貿易取引では、売り手(輸出者)と買い手(輸入者)が売買契約内容を交渉する際に、商品の種類・数量・品質・インコタームズ(貿易条件)・決済方法など、さまざまな条件をすり合わせて決めていきますが、“貨物の受渡し場所・時期・方法”に関する条件を「貨物の受渡し条件」といいます。

数量条件について詳しく知りたい方はこちらの記事を、品質条件についてはこちらの記事をご覧ください。

「貨物の受渡し条件」という言葉自体は、貿易業界で働いている方でも聞いたことがないのでは?と思うくらい、実務でも口にするものではないのですが、その内容はとても大切です。(なんといっても、売買契約に関わる内容ですからね!)

「貨物の受渡し条件」には、大きく分けて貨物の受渡しに関するもの(場所・時期・方法)に関するものと、貨物の輸送内容に関するものと二つに分けられますので、それぞれ内容をご紹介していきましょう。

貨物の受渡し場所・時期・方法

「貨物の受渡し場所」は、インコタームズ(貿易条件)で決まります。たとえば、「FCA Sydney」であれば、シドニーが貨物の受渡し場所になりますし、「DDP Tokyo Trading Company」であれば、東京貿易会社(仮名)となり、「インコタームズ ○○○○」の○○の部分が受渡し場所になります。

ただ、ご注意いただきたいのは、○○の部分の受渡し場所で、輸出者と輸入者の責任が切り替わるわけではないということ。EXW、FCA、DAP、DAT、DDP、FAS、FOBの7条件では受渡し場所にて、輸出者から輸入者へと危険負担、費用負担が同時に切り替わりますが、CPT、CIP、CFR、CIFの4条件は異なります。たとえば、「CIP Shanghai Port」なら、実際の貨物を受渡すのは上海港になりますが、輸出者の危険負担は輸出港のコンテナヤードに入れた時点で完了します(海上運賃・保険料は、上海港まで輸出者が負担します)。

そのため、受渡し場所が輸出入者の責任が切り替わるのではなく、インコタームズのルールに基づいているということは覚えておいてください。

次に、「貨物の受渡し時期」。貨物の受渡し時期は本来、船積時期(Time of Shipment)を意味します。ただ、実務では輸出地での発送時期を基準とするのではなく、輸入地への到着時期(Delivery Time)をもとに取り決められるのが一般的です※。また、貿易における輸送では、天候や事故による遅延、船会社のスケジュール変更がよく起きることから、ある一定の期間を指定することも多いです。(例: at the beginning of August / 8月上旬)

※会社や取引先によって受渡し時期をどのように決めているかは異なります。過去の売買契約書を調べる、または社内の方に相談するなど、ご確認ください。

最後に、「貨物の受渡し方法」。貿易取引では原則的に、貨物が(輸出者から輸入者へ)直接手渡されることはなく、運送人によって間接的に引渡されます。船舶輸送なのか、航空輸送なのか、または複合輸送なのかなどの輸送方法については、別途取り決める必要がありますが、いずれにしても運送人による“間接引渡し”という点は変わらず、“受渡し方法=間接引渡し”が前提で、方法自体が議論になることはほとんどありません。

ただ、運送人をA社にして欲しいなど輸送方法を指定する場合や、複合輸送の場合には「どこで誰に引渡すのか」など、その方法について内容を細かく契約書に明記することをお勧めします。

分割船積み、貨物の積替えの可否(船積みの場合)

「分割船積み(Partial shipments)の可否」、「貨物の積替え(Transshipments)の可否」も、貨物の受渡し条件として、輸出者・輸入者双方で取り決められる内容です。

ご存知の方も多いかと思いますが、「分割船積み(Partial shipments)」はひとつの契約で交わした商品を複数回に分けて船積みすること、「貨物の積替え(Transshipments)」は商品の輸送の途中で他の船や飛行機などに積み替えることを指します。

これらの可否は、売買契約の際に話し合っておくべき内容なのですが、実務では取り決めないこともあります※。ただ、信用状取引による売買契約を結ぶ場合には、信用状発行依頼書に「Allowed / Prohibited」の記載をする必要がありますので、通常は双方で話し合って取り決めます。

※なぜ取り決めないことがあるかというと、たとえば、契約時には輸出入者双方が一括で貨物を輸送したい(してもらいたい)と考えている場合でも、輸入者の事情によっては、契約した貨物の受渡し時期(納期)よりも早くに商品が必要になることがあるからです。分割船積みを拒否する契約を交わし、そのような事態になれば、発行した信用状を修正など契約内容の変更で交渉する必要がでてくるため、契約時には「分割船積みの可否」についてはあえて取り決めないことがあるのです。

人材のプロ「パソナ」が運営する 研修・キャリアコンサルティング

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。