スキル

2017/03/21

【未経験】決算への道は「転記」から始まる

おう!経理の海のスペシャル・ワン、経理サバこと財前サバ夫だ。今回は、これから未経験で経理・財務の畑に飛び込もうと考えてるヤツのために、会計業務のいろはの「い」、キホンの「キ」、アルファベットなら「A」、個人メドレーで言えば「バタフライ」にあたる、「転記」っていう作業について話をしていくぜ。

営業や営業事務からの転職を考えているヤツは、最後まで付いてくるようにな!

正しい「転記」は決算を成功させるための第一歩

転記ってのは、記載された事項を他の場所に書き写す作業のことだ。これから話す会計業務においては、仕訳をした取引を勘定科目ごとに総勘定元帳へ書き写す作業を指す。すべての取引は「借方」と「貸方」に分けて仕訳帳に記録するんだが、取引内容が日付順に記載されている仕訳帳では「いくら仕入れたのか」「現金がどれほどあるのか」といった情報をパッと把握できねぇ。だから、総勘定元帳を作って、勘定科目を見れば残高を確認できるようにするんだ。

貸借対照表(BS)や損益計算書(PL)、キャッシュフロー計算書(CS)といった財務諸表(いわゆる決算書だ!)を作成する際には、総勘定元帳が必要になる。つまり、決算(年次決算)という大きな目標をクリアするための第一歩が「仕訳」であり「転記」だってことだ。ミスが許されない超重要な作業だから、今のうちにしっかり覚えておくんだな。

転記の流れは「習うより慣れろ」

転記の流れは次の通りだ。最初は分かりにくいかもしれねぇが、ルールはいたってシンプルだから心配する必要はねぇだろう。

仕訳に基づいて転記をしてみよう

実際の仕訳から転記のやり方を見ていくぜ。例として、「3月14日に消耗品1,000円を購入し、うち400円は同時に現金払い、残りの600円は翌月支払いとした」っていう取引について見てくことにしよう。この場合の仕訳は、以下のようになるよな。

借方 貸方
消耗品 1,000 現金 400
未払金 600

次はこれを総勘定元帳に転記する。仕訳帳の借方に記載されている勘定科目はそのまま借方、貸方はそのまま貸方へ書き写すことになってるんだったよな。

消耗品
日付 摘要 借方 仕丁 日付 摘要 貸方 仕丁
3/14 諸口 1,000 2
現金
日付 摘要 借方 仕丁 日付 摘要 貸方 仕丁
3/14 消耗品 400 2
未払金
日付 摘要 借方 仕丁 日付 摘要 貸方 仕丁
3/14 消耗品 600 2

このケースだと、消耗品の相手勘定が複数(現金と未払金)になってるよな?こういう場合は、相手勘定のところに「諸口(しょくち)」と記入することがルールになってるんだ。そういや、経理男子のユーイチの名字は「諸口」と書いて「もろくち」だったな……ま、どうでもいいか、そんなことは。

転記まで完璧に習得して初めて一人前だ

お前ら、「仕訳を制する者は簿記を制す」って言葉を聞いたことがあるか?仕訳ってのはそれくらい大事な作業だってことだな。だが、仕訳ってのは会計処理の途中経過でしかない。いくら仕訳が完璧にできたとしても、転記でミスをしてしまったら台無しだ。そんなことにならないよう、転記まで完璧に習得するようにしておけよ。正確無比なアプローチでミスゼロにこだわる、それこそが一人前の経理・会計のあるべき姿ってもんだ。

じゃあ今回はこの辺でおいとまするとすっか!あばよ!

あなたに合った経理のお仕事あります!

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

あなたのスキルを新しい環境で 専門職種の研修が充実!
PASONA CAREER COLLEGE

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。