悩み・質問

2017/11/02

インコタームズFCA条件とCPT条件、輸入者が仕切りやすいのはどっち?

みなさん、ご機嫌よう。こんてなんじゃ。今年は秋の訪れが早かったし、みなさんの地域でも紅葉が色づき始めたかのう。さて、今回は、貿易取引の際に取り決めるインコタームズ(貿易条件)について、輸入者の立場に立ってFCA、CPT、CIP条件の話をしましょうかのう。

※今回の内容は、これまで貿易キャラナビでご説明ことを踏まえて書いています。FCA、CPT、CIP条件の違いがあやふやな方は、関連記事「世界共通のルール インコタームズ(Incoterms)」「インコタームズ/コンテナ運送向きの条件~FCA、CPT、CIP~」「インコタームズ/費用負担と危険負担の範囲をまとめてみました」を先にご覧いただくことをおすすめします。

輸入者が貨物の輸出日等を仕切りやすいのは“FCA条件”である

貿易実務をしていらっしゃる方はご存じの通り、インコタームズは貿易取引において、輸出者と輸入者の費用負担の範囲、運送リスク(危険負担)の範囲を定めた国際規則ですな。

インコタームズ2010には全部で11条件あるんじゃが、FCA、CPT、CIPという3つの条件は、輸出者と輸入者の負担範囲がだいたい半々になることから、コンテナで輸送する貨物の売買取引において、もっとも用いられるインコタームズといわれておるんじゃ。

※CIP条件は、CPT条件に保険料が加わるだけなので、この記事では割愛します。

さて、今回のお題である「FCAとCPT条件で、輸入者が進行を仕切りやすいのはどっち?」の結論としては、FCAの方が輸入者にとって仕切りやすい条件になるのじゃが、なぜそう言えるのか、費用負担の範囲、危険負担の範囲を比較しながらお話していきますぞ

▼FCAとCPTの危険負担、費用負担の範囲

上図を見るとおわかりいただけると思うんじゃが、FCA条件では“輸入者が”輸出地から輸入地までの運送費を負担するのに対し、CPT条件では“輸出者が”負担しておる。

この違いが、今回のお話の重要なポイントになりますぞ。

運送費を負担する、ということは、運送手配を行う、ということにつながり、FCA条件は、輸入者自身が輸出地からの運送手配をすることができる点が、CPT条件と異なり、その分、輸入者が仕切りやすいと言えるんじゃよ。

CPT条件では、通常、輸出者が運送費を支払う=運送手配も輸出者が行うため、製造から輸出日(出荷日)まで、輸出者が立てたスケジュールのもとで行われ、輸入者はそのスケジュールを知ることができず、立ち入る(口を挟む)ことが難しいんじゃ。

しかし、FCA条件では、輸入者自身が運送手配を行うというポジションを活かすことで、輸入者は輸出者にスケジュール確認がしやすくなり、時には、そのスケジュールの調整も依頼しながら進めることができるようになるんじゃよ。

輸入者が仕切りやすくするためには、現地で運送手配ができるフォワーダーとの連携が必要

ところで、FCA条件の規約には、輸入者が運送手配を行わなければならない、と明記されているわけではないんじゃ。すなわち、FCA条件でも輸入者が輸出者や運送手配を依頼し、運賃は輸入地支払いで輸出してもらうという方法をとることもあるんじゃ。(宅配便でいうところの着払いですな。)

そのため、先ほどお話したような、輸入者がその取引の進行を仕切りやすくするためには、輸出地で船舶予約など運送手配ができるフォワーダーと連携する必要がありますのう。

※フォワーダーの中には、海外支社(支部)を持つ会社、海外のフォワーダーと業務提携している会社があります。

そうしたフォワーダーと連携することで、輸入者は輸出貨物の運送手配ができるし(そのポジションだからこそ)輸出者の製造や出荷のスケジュールにも関与しやすくなるんじゃ。逆にいえば、現地手配ができるフォワーダーと連携できない場合は、CPT条件と比べて仕切りやすいとは言えないですぞ。

実際に、売買契約する際、FCA条件になるのか、CPT条件になるのかは、輸出者の提示によるところも大きいのじゃが、もし、輸入者の立場で、それが選べるときには、今回お話したことを視野に入れて考えていただければと思いますぞ。

パソナを選んだTOP3

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

サービス満足度95%! 一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。