スキル

2017/01/31

【資格】改定版簿記2級のワンポイントレッスン~有形固定資産の圧縮記帳~

おう!真冬のスキルアップ伝道師、経理サバこと財前サバ夫だ。新年に突入し、会計業務にも資格試験の勉強にも熱が入って来たんじゃないか?オレ様に言わせりゃ、冬に「寒い」って言ってるヤツはだいたい仕事にもスキルアップにも熱が入ってねぇんだ。SHOZOを見てみろ。取り組み方だけはアイツを手本にしてもらいたいもんだな。

じゃあそんなわけで、今回の改定版簿記2級のワンポイントレッスンでは、2017年度(平成29年度)から新たに出題範囲となる「有形固定資産の圧縮記帳」について話をしていくぜ。

ややこしい有形固定資産の圧縮記帳は背景から理解しろ!

まずは有形固定資産についておさらいだ。有形固定資産は、簡単に言えば形がある固定資産のことだな。固定資産には有形のもの(土地、建物、機械、車両、備品など)と無形のもの(著作権、商標権、ソフトウェアなど)、そして投資その他の資産(有価証券や出資金など)がある。

圧縮記帳の意味について

圧縮記帳ってのは、補助金を利用して固定資産を購入した場合に行う処理のことだ。簡単に言えば、受け取った補助金に対して法人税が課されないようにするための措置だな。圧縮記帳では、購入金額から補助金の額を差し引いた額を「税法上の購入価格」とすることになってる。

補助金の中には、特定の固定資産購入に対して給付される施設補助金ってのがある。この施設補助金は受贈益(資産を贈与または低額譲渡されたことによって生じた利益)と見なされて課税対象になっちまうんだが、そもそも補助金に税金が課されたらもらう意味が薄れるよな?ってなわけで、固定資産の圧縮記帳が認められているんだ。

圧縮記帳の会計処理には2種類ある

圧縮記帳の処理は2種類に大別できる。はじめは「直接減額方式」だ。直接減額方式は、固定資産の取得原価を直接減額し、「固定資産圧縮損(特別損失)」として費用計上するもんだ。補助金を受け取る、有形固定資産を購入する、減価償却費を計上する、といった流れから実際の会計処理について見ていくぜ。

補助金を受け取る

機械(ここは建物や車両の場合がある)などを取得するために補助金1,000円を現金で受け取った場合の仕訳は以下の通りだ。

借方 貸方
現金 1,000 国庫補助金受贈益 1,000
有形固定資産を購入する

上記の補助金と自己資金を原資として、2,000円の機械を取得、代金は現金で支払ったとする。この機械取得にあてた補助金1,000円分について圧縮記帳(直接減額方式)を行った場合は以下のようになる。

借方 貸方
機械 1,000 現金 2,000
機械圧縮損 1,000
減価償却費を計上する(決算時)

国税庁が定める「法定耐用年数」と「償却率」を踏まえて減価償却費を計算するように。計算方法については、決算書作成に必要な「減価償却」の考え方のコラムで復習しておくといいぜ。

借方 貸方
減価償却費 200 減価償却累計額 200

積立金方式

もう一つの圧縮記帳の処理方法「積立金方式」について説明するぜ。こっちは「固定資産圧縮損」という特別損失を計上するために、当期の確定した決算において「固定資産圧縮積立金」を積み立てる方法だ。一度補助金を利益計上し、その分増えた繰越利益剰余金を「圧縮積立金」に振り替えることで繰越利益剰余金を減らし、株主への配当財源から補助金収入を取り除くというステップを踏むことになる。

補助金を受け取る

以下は、機械取得のために1,000円の補助金を現金で受け取った場合の仕訳だ。

借方 貸方
現金 1,000 国庫補助金受贈益 1,000
有形固定資産を購入する

上記の補助金と自己資金を原資として2,000円の機械を取得した場合の圧縮記帳(積立金方式)は以下のようになるな。

借方 貸方
機械 2,000 現金 2,000
減価償却費を計上する(決算時)

減価償却費の計算のやり方は直接減額方式と同じだが、積立金方式では固定資産の減額処理をしない。固定資産の取得に要した金額をもとに減価償却費を算定してくれ。

借方 貸方
減価償却費 500 減価償却累計額 500
圧縮積立金を計上する(決算時)

続いて、圧縮限度額を積立金として積み立てする。積立金の積み立ては、固定資産取得時ではなく決算時にやるってことを覚えておくように!

借方 貸方
繰越利益剰余金 1,000 圧縮積立金 1,000
圧縮積立金の取り崩し(決算時)

最後に、当期の減価償却額に合わせて積み立てた圧縮積立金の取り崩しを行ったらしまいだ。計上の反対だから、借方と貸方も逆になる。

借方 貸方
圧縮積立金 250 繰越利益剰余金 250

実務をイメージしながら勉強しろ!

ここまできて分かったと思うが、積立金方式のほうが直接減額方式よりも経理処理が煩雑で高度だよな?だが、固定資産の帳簿上の取得原価と実際の取得原価が等しくなる、本来は費用性がない圧縮損を損益計算書に計上しない、といった点から、積立金方式のほうが合理的なやり方と考えられているんだ。

簿記2級の合格を目指して計算方法をひたすら頭ん中に叩き込むのもいいが、やはり知識ってのは実務で使えないと意味がねぇ。なぜそんなことをするのか、といった背景まで考えながら勉強すれば、ぐっと身になるはずだぜ。じゃあな!

あなたに合った経理のお仕事あります!

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

あなたのスキルを新しい環境で 専門職種の研修が充実!
PASONA CAREER COLLEGE

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。