悩み・質問

2014/06/27

【経理処理】中途採用者の給与の日割計算方法を教えて!

今週の相談
他社で経理をやっている友人と、給与の日割計算のことでちょっとした議論になりました。私の会社では中途入社した社員の給与を日割で計算する際、給与を30で割り、在籍日数でかけています。

友人に言わせると、それは土日も労働日に含んでいることになっておかしいのではないか、と。時給も安く計算されてしまうので、営業日数で割り、実働日数でかけるべきじゃないかと言われました。確かにそうかもと思い、これまでずっと30日で割ってきたことが不安になってきました。どうするのが正しいんでしょうか?

静岡県 レリゴー(31歳)

明確な取り決めはなし!規定でしっかり決めておくことが大切

当たり前にやってる給与の日割計算だけど、実は!労働基準法などの法律では「給料を日割計算しなさい」なんてことは決められてないんだ!会社ごとに就業規則や給与規定などでルールを決められていれば、基本的には問題ないんだな!スマーッシュ!

規定を定めていないと問題アリ!

給与の日割計算は法律で特に定められていない!ということは?規定を定めないまま給料を日割する……これが危険だ!なにしろ、なんの断りもなく給料カットしてることになるんだぞ!?

「その月のうちに就業していない日がある場合には、こういうルールで給料を日割計算にします」と、必ず規定を定めて宣言しておくことだ!

一般的に広く使われている給与の日割ルール

1.暦日基準
(給与)÷(その月の日数)×(所属日数)

2.所定労働日基準
(給与)÷(その月の所定労働日数)×(実働日数)

3.月平均の所定労働日基準
(給与)÷(月平均の所定労働日数)×(実働日数)
※(月平均の所定労働日数)=(年間の所定労働日数)÷12

だいたい、この3つが一般的だ!だがきっちりルール化されていれば、「一律30で割る」というのも問題ない!というわけで、今回の相談はここまで!君の悩みに……スマーッシュ!

あなたに合った経理のお仕事あります!

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

サービス満足度95%! 一緒に“新しい”を探せるって心強い
キャリアコンサルティング

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。