用語

2017/01/19

加工貿易のためにもうけられた「保税工場」

みなさん、ご機嫌よう。こんてなんじゃ。みなさんは保税地域という言葉をご存じですかな?おそらくこの記事を読んでくださっているみなさんはご存じかと思うんじゃが、今日は保税地域とは何ぞや?というところから、保税工場についてのお話までしましょうかのう。

保税地域は外国貨物を蔵置するための場所(地域)

以前、「日本の中にあるのに日本ではない!?保税地域のこと」でお話したんじゃが、保税地域というのは、これから海外へ輸出する貨物、日本国内へ入ってくる貨物(輸入品)のための場所で、関税や消費税がかけられるのを保留されている特別な地域のことじゃ。

通常、外国貨物船や飛行機の国際線が到着する港や空港近くにあるんじゃが、貿易取引で輸出入する貨物が港や空港に輸送されたあと、税関の輸出許可・輸入許可が下りるまで一時的に保税地域に蔵置(保管)されますぞ。

保税地域内で貨物の加工・組立ができる「保税工場」

ちなみに、保税地域には一時的に貨物を蔵置する蔵置場だけでなく、そこで貨物の加工や組立、はたまた製造を行える場所もあるんじゃよ。それが保税工場じゃ。

保税工場は、民間企業が所有する工場や作業場などを保税地域として税関長が許可した場所を指すんじゃが、一般に貨物船が到着する港近くにあることが多いですぞ。

どんな企業が保税工場を所有しているのかというと、海外から資材を仕入れ、工場で製品にして海外に輸出する「加工貿易」を行っているメーカーや商社になりますな。

※加工貿易について詳しく知りたい方は「人生いろいろ、貿易取引もいろいろ♪」をご覧ください。

たとえば、ある企業が製品を作るのにインドネシアからの資材とアメリカからの資材が必要な場合、それぞれを日本国内の工場に搬入させる場合、どちらの資材も輸入品として関税や消費税を支払わなければないんじゃが、保税工場で加工や組立を行うのであれば、関税や消費税を支払うことなく製品に仕上げることできるんじゃ。

じゃから、製造後そのまま外国へ輸出する製品であれば、企業にとっては時間短縮の意味でも、コスト削減の意味でもメリットがあるんじゃよ。

かつて日本は原料を仕入れて国内で製造・加工し海外へ輸出販売を得意とする(加工貿易を行う)輸出大国だったので、このような仕組みが整えられて活用されているんじゃが、世界各国の港にもこうした保税工場がありますぞ。

ちなみに、日本では保税工場に貨物をおいておける期間は原則として3ヶ月。延長が承認された場合は2年まで置いておく(加工・製造する)ことが可能じゃ。

人材のプロ「パソナ」が運営する 研修・キャリアコンサルティング

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。