スキル

2016/12/13

ビジネスでもO.K.な “教えてください!” の表現って…?

コンニチハ!田中ジェーンです!12月も中旬になり、一気に年末ムードが高まってきたように感じますネ。つい最近まで暑い日が続いていて、「夏が長い…」 と暑さをボヤいていたような気がするのに、寒くなり始めるとスゴく早い!最近は寒さをボヤいています…。では、今日もビジネスイングリッシュ、はじめましょう!

気軽にみんなが使っている “教えてください” は、コレ!

今回のテーマは、ビジネスでもO.K.な「教えてください」の表現です。まず、絶対にビジネスでN.G.なのが“teach”。 “教える” という日本語訳で覚えた人が多いと思いますが、ビジネスの場面では使えません。

つまり“teach” は、勉強のように教えられる側が“習う / 教わる” 立場のときには使用O.K.ですが、ビジネスシーンのように教えられる側が“知らせる / 情報を与える” 立場においては不適切な単語なのです。

そこで、ビジネスの時に使える “教えてください” の表現は、“inform 人 of 案件”となります。具体的な使い方は、下記の例文を参考にしてください。

“Could you inform us of the current status?”
現況を教えてください。
“Please inform me of your phone number.”
あなたの電話番号を教えてください。

但し、この表現は丁寧ですが、若干かしこまりすぎる印象が…。やり取りし始めの頃は“inform 人 of 案件”でよいですが、パートナーシップが深まってきたら、下記の言い方にシフトさせてみましょう。

“Please let me know if there are any requests.
ご要望があれば教えてください。
“Would you let us know if you have any questions ?”
もし質問があるようなら教えていただけますか?

最後に、ビジネスシーンで使えないことはないのですが、上記に比べるとカジュアルで相手に与える印象が強く、要求度が高く切迫感がある印象なのがコチラ。相手との距離が縮まってから使うのがオススメです。

“Please tell me if you have any questions.”
質問があるならすぐに教えてください。
“Could you tell us if there are any requests.”
ご要望がある場合は早急に教えてください。

どの表現も、相手との距離・状況を読んで、なるべく適切な表現を使うようにしましょうネ。

パソナは貿易事務のお仕事情報多数!

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。