用語

2016/02/15

PL保険は商品の欠陥による損害を補償する

こんにちは!貿易女子の円(まどか)です。本日はP/L保険のお話です♪

さて、昨日はバレンタインデーでしたね!最近は、海外のスイーツ有名店やチョコレート店がこぞって日本の百貨店で出店されるので、ミーハーな私は、あちこちハシゴして買い求めました(*^o^*) 一緒にまわった友人と「贈る誰かがいなくて淋しいね」と最初は話していたんですが、最後は、「この楽しさ、おいしさをわかり合えるのは女子同士よね〜」なんて言い合っていました。私に春が来るのは、まだもう少し先のようです(^0^;では、本日の「貿易用語」を始めましょう!

「PL保険」ってそもそも何?

先週まで、「貨物保険(貨物海上保険)」についてご説明してきましたが、本日は、商社や貿易会社の多くが加入しているまた別の保険、「PL 保険」についてご紹介します。

みなさんにまず質問ですが、PLが何を指しているかはご存知でしょうか?

PLというのは、Product Liability(生産物/製造物責任)の略語で、「企業が製造、販売した商品(製品)の欠陥が原因で、消費者など第三者の生命、身体、および、財産上の損害を被った場合に、製造元および販売元に課される損害賠償責任」のことをいいます。

PL法は、消費者を保護することに重点をおいた法律で、消費者が損害を被ったとき、“製造業者に過失がなくても”、その被害者が損害賠償責任を求めることができることを定めています。

※PL法では、消費者が ①損害があったこと ②製品に欠陥があったこと ③欠陥によって被害が生じたこと(因果関係) を証明すれば、製造業者等は過失がなくても賠償責任を負うことになります。

その責任追及に備えて企業が加入しているのがPL保険であり、実際に、PL責任を問われたときの「法的賠償金」や「訴訟費用」、「応急手当」などの費用を補填してもらう保険になります。

輸出者だけでなく、輸入者も加入すべき保険

ここで押さえておいていただきたいのは、PL法における製造業者の定義には、「輸入者」が含まれているということ。

これは、輸入品によって消費者が被害を被った場合、その被害者が海外の製造業者に責任追及を行うことは難しいこと、また、輸入者は海外の製造業者との売買契約において、輸出者に責任を追求する措置をとれる立場にあるという考え方からきています。

そのため、PL保険は、輸入者が加入すべき保険となっているのです。

PL保険は、保険会社が引き受けを行っていますが、国内の保険会社では、輸入品を含む国内で販売される商品(製品)のみを対象とした「国内PL保険」と、輸出製品を対象とした「輸出PL保険」の2つがあります。

「国内PL保険」は、国内で販売される輸入品を含む商品(製品)すべてを対象としており、和文で書かれた約款、保険証券を発行していますが、「輸出PL保険」は、世界各国で通用している米国の保険約款に準じた英文の賠償責任保険証券を発行しています。

ちなみに、保険契約を結ぶ際の主要事項は、「対象商品」「被保険者」「保険金額」「保険期間」などがありますが、細かい内容については保険会社の専門領域。気になる方は、社内の詳しい方や保険会社の方に直接お問い合わせいただければと思います。

人材のプロ「パソナ」が運営する 研修・キャリアコンサルティング

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。