スキル

2016/08/23

【会計】支店がある会社の経理なら知っておくべき本支店会計

おう!会計甲子園で満員のアルプスを沸かせるホームランバッター、経理サバこと財前サバ夫だ。経理・会計・財務にはホームランよりも堅実な守備で勝負するタイプってイメージがあるかもしれねぇが、バックオフィスのスタッフでもホームランを打つことは可能だ。適切な財務会計や経営をいい方向に導く管理会計が、満塁ホームラン級の貢献になることだって珍しくないからな。

今回は本支店会計についてだ。本支店会計はこれまで、簿記2級の資格におけるボス的な存在だった。ここで苦戦したお前らの先輩もたくさんいたな。出題範囲の変更によって2級の出題区分表からは外れたが、だからといって不要なわけじゃない。支店を置いている一定規模以上の会社や、支店が多い業界の経理・会計なら、むしろ覚えておくべきだろう。

先輩経理を苦しめた本支店会計の考え方を理解しよう

2つの会計処理のメリット・デメリット

本支店会計は、企業が本店の他に支店や営業所を設置した際に行う会計処理のことだ。本支店会計には、「本店集中会計制度」と「支店独立会計制度」の2種類がある。詳しくは以下で説明していくぜ。

本店集中会計制度

本店集中会計制度は、支店で発生したすべての取引について本店の帳簿に記録する制度だ。会社の帳簿はひとつしか存在せず、支店や営業所を独立した会計単位として見ないやり方と言えるな。支店に関わる取引を本店で把握しやすいってメリットがある一方で、本店側の記帳作業が煩雑で手間がかかるのがデメリットだ。ちなみに、A支店とB支店で取引があった場合、本店集中会計制度では本店を経由して仕訳をするから注意しておけよ!

支店独立会計制度

こっちは、支店が本店と別の帳簿を設けて取引を記帳する制度だ。したがって、帳簿は支店ごと存在することになる。本店と支店の取引を社内の賃借関係と見るので、本店では「支店勘定」を、支店では「本店勘定」をそれぞれの総勘定元帳に設定する。この2つの勘定は賃借反対で同じ内容が記載される(金額は必ず一致する)から、本支店間取引の正確性を見るのに有効だ。ただ、こっちの方法だと本店での支店勘定の突き合わせが難しくなる。

本支店会計における2つの重要事項

本支店会計を覚えるうえで重要なポイントが2つある。ひとつが「未達取引の処理」で、もうひとつが「内部利益の控除」だ。この2つの作業は決算整理(財務諸表を作成するにあたって帳簿をきれいに整理すること)をするなかで避けては通れないから、覚えておくんだぜ。

未達取引の処理

「支店勘定と本店勘定の金額は必ず一致する」って言ったばかりだが、実はこれが一致しないこともある。例えば、ある支店から送った商品が別の支店に届いていない、ある支店の取引が一方の支店に報告されていない、本店が支店の買掛金を立替払いしたものの支店に通知していないといったケースがそれだ。これらの未達取引は、決算整理の際に正しく仕訳直す必要がある。両勘定が一致したら万事OKだな。

内部利益の控除

内部利益ってのは、会社内の独立した会計単位の取引で生じた「未実現の利益」のことだ。本店と支店で商品や現金が行き来した場合、原価に一定の利益を乗せて計上する。だが、例えば本店から支店に渡った商品が期末に在庫として残った場合、その商品に含まれる利益は「未実現の利益」だよな?これを貸借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)に書くわけにはいかないから、財務諸表を作る際には内部利益を差し引かなきゃならないんだ。

本支店会計でワンランクアップ

本支店会計はちょっとややこしいかもしれねぇが、本店の仕訳なのか支店の仕訳なのかを間違えなければなんてことはないだろう。未達取引の処理と内部利益の控除までできたらワンランクアップだ。お前らも経理・会計としてランクアップしたいなら、この夏こそがチャンスだ。堅実な守備だけじゃなく、ホームランも打てるようになったら敵なしだぜ。じゃあ今回はこの辺で!あばよ!

あなたに合った経理のお仕事あります!

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

「専門性を高める」「ライフスタイル重視」 理想のキャリアを実現!
パソナだからできる経理のお仕事紹介

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

あなたのスキルを新しい環境で 専門職種の研修が充実!
PASONA CAREER COLLEGE

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。