スキル

2017/06/13

英語文化でも挨拶は大切!“ご無沙汰しております” “お久しぶりです”

コンニチハ!田中ジェーンです!先日、ずっと愛用しているお気に入りの傘の骨が、一部折れているのを発見!他の部分が大丈夫なので使うことはできるのですが、長年気に入って使い続けているものなので、ショックは大きかったデス…。でも、今日もビジネスイングリッシュは元気にはじめますヨ!!

英語文化でも、きちんと挨拶できる人が認められる!?

英語文化は、日本語文化ほど礼節にうるさくないですが、それでも挨拶は基本中の基本。きちんとできないと、受けた教育が悪いと誤解されることがあるかも!?ただ、挨拶とはいえ日本語のように堅苦しくはなく、もっとフレンドリーな印象です。実際に使われている表現はたくさんあるので、まずはカジュアルなものからご紹介しますネ。

“Long time no see.”
(会うのが)久しぶりですね。
“Long time no talk.”
(話をするのが)久しぶりですね。
“Long time no hearing.”
(連絡を取るのが)久しぶりですね。
“It’s been a while.”
しばらくぶりですね。
“It’s been forever.”
すごく久しぶりですね。
“It’s been ages.”
何年ぶりかしら / 長年お会いしなかったですね。

以上が、比較的カジュアルな表現。以下は、やや堅い印象の表現です。

“It’s been a long time since the last time I contacted you”
前回ご連絡して以降、しばらくご無沙汰しておりました。
“I haven’t seen you for a long time.”
長らくご無沙汰しております。

少し変則的ですが、このように言うこともできますよ。

“Great to see you again.”
再会できてとても嬉しいです。
“It’s nice to see you again.”
またお会いできて嬉しいです。

ダイレクトに「久しぶり」という言い方はしていませんが、文意からしばらく会っていなかったことが読み取れます。また、どんなフレーズでも、挨拶の後に続けて相手の近況をうかがう一文を加えるのが一般的な礼儀です。

“How have you been?”
お元気でしたか? / どうされていましたか?

しばらく会っていない間の状況を尋ねたことになり、会話も弾みますよね。

人材のプロ「パソナ」が運営する 研修・キャリアコンサルティング

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。