スキル

2015/09/14

英文メールには「敬具、草々、かしこ」があります

 

今回のテーマは英文メールの結語について。日本でも手紙のマナーとして頭語や結語のマナーがありますが、英文メールにはルールがあるのでしょうか?フォーマルな表現からカジュアルな表現まで、様々な例文をご紹介します。

英語の結辞には、フォーマルな表現とカジュアルな表現がある

「敬具、草々、かしこ」という言葉は、ほとんどの方がご存知だと思いますが、ビジネスなどあらたまった公式な文章では頻繁に書かれる結語ですね。

インターネットやEmailが浸透し、日々の仕事で手紙を書く機会のある方は多くないかと思いますが、頭語が「拝啓/謹啓」なら結語は「敬具」、頭語が「前略」なら結語は「草々/かしこ」という基本形式は、今なお、手紙を書くときのルールとして定着しています。

英語には、頭語や時候の挨拶はありませんが、「敬具、草々、かしこ」にあたる結辞(Complimentary Close)はあります。日本では、ビジネスメールにおいて、頭語や時候の挨拶、結語は省略されるようになりましたが、英文ビジネスメールでは結辞は必須です!

そこで、数多くある結辞のなかでも、ビジネスにおいて使用されているものを「フォーマル」「ビジネス・カジュアル」「カジュアル」に分けてご紹介します。

■フォーマルな結辞

Sincerely yours,
Yours sincerely,
Faithfully yours,
Yours faithfully,

※一般的に、相手の名前がわかるときは、Sincerely yours(アメリカ式)、Yours sincerely(イギリス式)。受取人の名前がわからないとき(Dear Sir/Madamのとき)は、Faithfully yours、Yours faithfullyを使用します。

■ビジネス・カジュアルな結辞

Best regards,
Kind Regards,
Kindest regards,
With Regards,
With kind regards,
With best regards,

※ビジネスのE-mailのやりとりでは、上記の簡潔な結辞がよく使われます。

■カジュアルな結辞

Regards,
Best wishes,
Yours,
Best,
Thanks,

※カジュアルな結辞は、ビジネスにおいて顔を合わせて話す機会のあるような親しい間柄であれば使用しても問題ありませんが、ビジネスの上下関係、信頼関係を見極めて使う必要があります。

まとめ

今日は結辞をたくさん紹介しましたが、貿易事務のお仕事では「フォーマル」な表現と「ビジネス・カジュアル」の表現をひとつずつ覚えておけば大丈夫!

でも、海外の方のメールを読むときに気を付けていると、色々な表現があって勉強になると思うので、チェックしてみてくださいね。

人材のプロ「パソナ」が運営する 研修・キャリアコンサルティング

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

あなたのスキルを新しい環境で 専門職種の研修が充実!
PASONA CAREER COLLEGE

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。