悩み・質問

2017/01/23

「輸出通関手続き」はどのように行われているの!?

こんにちは!貿易女子の円(まどか)です。先週は、貿易事務で船積み・通関手続き依頼するときに行う業務内容についてご紹介しましたが、今回は、依頼を受けたフォワーダーがどのように「輸出通関手続き」を行っているのかについてご紹介しましょう。

※フォワーダーは輸出入者の代わりに、通関や船積み手続きを代行する業者です。その役割を詳しく知りたい方は、国際物流のコーディネーター「フォワーダー(Forwarder)」をご覧ください。

フォワーダーは依頼者から書類や情報をもらって輸出通関手続きを行う

日本から海外へ貨物を輸出するには、税関より輸出許可を得なければなりません。輸出許可申請の手続きは煩雑なため、通常、輸出入者はフォワーダーに依頼し、フォワーダーが代理で行っています。

フォワーダーは、通関手続き依頼者(インコタームズEXW条件の時は輸入者、それ以外は輸出者)から、船積み依頼書(S/I: Shipping Instruction)※、インボイス、パッキングリスト、その他必要な許可証などの書類を受け取り、それと前後するかたちで輸出者の貨物を保税地域に搬入します。その後、必要に応じて依頼者から預かった書類をもとに貨物の状態や数量などを確認し、「輸出申告書(E/D: Export Declaration)」を作成します。

※船積み依頼書(S/I)は、依頼者からもらったインボイス、パッキングリストをもとにフォワーダーが作成することもあります。

「輸出申告書(E/D)」は、船積み依頼書(S/I)、インボイス、パッキングリストに記載された情報(船積港や荷降港、利用する船便名、商品価格※、数量など)のほか、HSコードと呼ばれる税番(輸出統計品目表の番号)を記載する必要があります。通常、フォワーダーの社内には通関士がいますので、通関士が申告書を作成(または最終チェック)して税関に申告手続きを行っています。(近年は、貨物の通関手続きはNACCSと呼ばれるシステムを使って電子手続きで行われています。)

※輸出申告書で申告する貨物の価格はFOB建てで記載することがルールとなっています。インボイスの価格がFOB価格以外の場合でも、FOB価格に直して記載することが求められており、ときにはインボイスとの差額を、輸送費や貨物海上保険料の領収書などを税関に提示して説明することもあるようです。

なお、輸出通関時に税関から貨物の現物検査を受けることがありますが、フォワーダーや依頼者に無断で検査が行われることはまずありません。フォワーダーは税関からの連絡を受けたら依頼者に伝え、時には代理人として貨物検査に立ち会います。

みなさんの中には、依頼者が自ら立ち会うべきでは?と思う方もいらっしゃると思いますが、依頼者が検査日・時間に合わせて、港の保税地域に向かい検査に立ち会うことは、実務上難しいことも多いです。(港に近い会社ならいいですが、遠い会社も多いのです。)そういうわけで、フォワーダーの存在は輸出入者にとって大変ありがたい存在なのです。

パソナは貿易事務のお仕事情報多数!

貿易の情報を網羅する、新サービス 貨物追跡から本船動静まで
貿易実務のプラットフォーム
Digital Forwarder

あなたの希望のお仕事がきっとみつかる! 「パソナJOBサーチ」
地域、職種、働き方などの
様々な条件でお仕事を検索

派遣スタッフ満足度 クチコミ1位! 派遣のお仕事探しならパソナ
まずは1分!カンタンWEB登録

新着記事からセミナー情報まで! お仕事で役立つ
最新情報をお届けする
シゴラボ メールマガジン

実績40年以上の築かれた信頼 商社・メーカー・物流
あなたのキャリアを活かす
貿易のお仕事

他の職種や働き方も見てみる

みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお助けサイトです。
「仕事はずっと続けるつもりだけど、このままでいいの…?」「何かスキルを身に着けたいけど自分には何が向いているか分からない」「職場でこんなことがあったけど、これって普通?」など、お仕事をする上でのお悩みや困ったをお助けするヒントやちょっとしたアイデアをお届けします。